日産 新型キックスの便利なオプションを紹介!

今回は、日産 新型キックス(P15型)の便利なオプションをご紹介します。2020年6月に発売された新型キックスのグレードはシンプルで、XとX ツートンインテリアエディションの2段階。どちらのグレードにもプロパイロットをはじめとする最先端の技術が搭載されています。そんな新型キックスには、どんなオプションが用意されているのでしょうか。

文・PBKK

Chapter
日産 新型キックスに唯一設定されているグレード共通のメーカーオプションを紹介!
日産 新型キックスは豊富なエクステリアのアイテムで自分だけのキックスを創る!
日産 新型キックスにプロテクターを取り付けてSUV本来のスタイルに!
日産 新型キックスのオプションでインテリアを自分好みに演出!
日産 新型キックスのオプションはナビとドラレコも充実!

日産 新型キックスに唯一設定されているグレード共通のメーカーオプションを紹介!

日産 新型キックスに設定されているメーカーオプションは、両グレードに共通オプションのインテリジェント アラウンドビューモニターインテリジェント ルームミラーとXグレードのみのオプションの前席ヒーター付シート+ステアリングヒーター+寒冷地仕様です。

インテリジェント アラウンドビューモニターは、駐車中のクルマを上空から見下ろしているように表示し駐車のアシストをする機能で、ナビゲーション画面やルームミラーに映し出します。駐車場が狭い都会住まいには有り難い機能で、ディーラーの方曰く、ほとんどのユーザーが取り付けるそうです。

インテリジェント ルームミラーは、クルマの後部に取り付けられたカメラで撮影された後方視界の映像をリアルタイムに映し出すルームミラーで、インテリジェント アラウンドビューモニターの映像も見ることができます

Xグレードのみのオプションである前席ヒーター付シート+ステアリングヒーター+寒冷地仕様は、寒冷地以外のユーザーはほとんど必要がないそう。このオプションは、X ツートンインテリアエディションに標準装備されています。

日産 新型キックスは豊富なエクステリアのアイテムで自分だけのキックスを創る!

日産 新型キックスのディーラーオプションは、豊富なエクステリアアイテムが揃っています。SUVの魅力のひとつは、いかに自分だけのエクステリア(見た目)を創り上げるか。フロントをブラックフィニッシャー、リアルーフにルーフスポイラーを取り付ければ、精悍でダイナミックなキックスに変貌します。

フィニッシャーは2種類。ブラックグリルフィニッシャーはブラックのラインがフロントグリルからライトにかけて2本のラインで表情を引き締めます。フロントバンパー下部に取り付けるブラックフロントバンパーリアフィニッシャーとセットで取り付けるとより精悍な顔つきに変化します。

ルーフスポイラーはブラックか車体色からカラーを選択可能。ダイナミックなデザインでドレスアップには必須のアイテムでしょう。

それぞれの税込価格は、ブラックグリルフィニッシャーが3万4540円ブラックフロントバンパーリアフィニッシャーが2万1780円ルーフスポイラーが2パターンあり、特別塗装色の場合は5万160円、特別塗装色以外が4万4660円となっています。

日産 新型キックスにプロテクターを取り付けてSUV本来のスタイルに!

SUVといえば山道や林道、クロスカントリーなどのオフロード(悪路)を走破するイメージのクルマですが、今ではクロカン車をイメージした街乗り車もクロスオーバSUVとして認知されています。

日産 新型キックスは2WD車の設定しかなく、クロスオーバーSUVとして街乗りを大いに意識した造り。そこで本来のSUVのカタチをエクステリアで表現するためにプロテクターが用意されています。

もちろん頻繁に本格的キャンプなどに出かけるなど悪路走行が多い方には必須アイテム。プロテクターは、ロントアンダーとサイドシル、リアアンダーに取り付け可能で、お得な3点セットも発売されています。

カラーはブラックとシルバー。税込価格は3点セットが16万2440円、各アイテムはフロントアンダープロテクターが5万6760円、サイドシルプロテクターが6万3800円 リアアンダープロテクターが5万6760円となっています。

日産 新型キックスのオプションでインテリアを自分好みに演出!

日産 新型キックスにはインテリアを自分好みにアレンジできるオプションが揃っています。その中の一つであるインテリアパネルパックを取り付けると、シフトノブとパワーウインドウスイッチのパネルをペアでドレスアップできます。

カラーはブルー・カーボン・オークウッド・グレーウォールナットを基調とした4色で、おのおの格調あるデザインで飾られていてブラック一色だったシフトノブとウインドウスイッチ周りが少し華やかなに変貌します。

インテリアパネルパックのシフトノブベースフィニッシャー用+ウインドウスイッチフィニッシャー用は、パック価格で税込3万9800円。単体は、シフトノブベースフィニッシャー用が税込2万3540円、ウインドウスイッチフィニッシャー用が税込2万1340円となっています。 

また、室内の4つの照明をLEDの光に変えることが可能。LEDにすることで室内がクールな印象になり、電気の節約にも役立ちます。

マップランプとルームランプ、ラゲッジランプの3点セットとフロントシートとリアシートの足下を白色の光で照らし、車内の雰囲気をオシャレに演出するフットウェルランプを加えた4点セットがあり、単体よりお得な価格設定です。

マップランプとルームランプ、ラゲッジランプの3点セットは、税込1万3838円。マップランプとルームランプ、ラゲッジランプ、フットウェルランプの4点セットは、税込みで3万9138円です。単体価格はマップランプが7480円、ルームランプが4620円、ラゲッジランプが4180円、フットウェルランプが2万5300円となっています。

日産 新型キックスのオプションはナビとドラレコも充実!

日産 新型キックスのオプションには、3年間地図更新が無料な9インチと7インチの純正ナビをはじめ、駐車場録画機能付きのドライブレコーダーETC2.0ユニットリモコンエンジンスターターなど必要不可欠なアイテムが揃っています。

メーカーオプションは一見少ないように見えますが、クルーズコントロールをより高度化したプロパイロットやインテリジェント エマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシストなどの安全装備とLEDヘッドランプ、合皮製シートなど主要装備がほとんどすべて標準装備されているので、わざわざオプション設定するアイテムがないのです。

2020年6月に発売された新型キックスは、日産としては実に10年ぶりに発売された新型車。発売から10日あまりで納期が2021年2月と大変な人気になっています。電気自動車e-POWERを体感できることが最大の魅力である日産 新型キックスは、コンパクトSUVの世界で一時代を築くクルマになりそうな予感がします。

日産キックスを飯田裕子さんと徹底解説!日産にとって約10年ぶりの新車となったキックスの実力は?e-POWERの性能は?使い勝手は?キックスの性能に迫ります!