ダイハツ トールはどんなクルマ?ルーミー/タンク/ジャスティとの違いも解説!

ダイハツ トール

小型モデルをつくるにことにかけてはスズキと並んで技術力、開発力があるのがダイハツの強み。そんなダイハツの小型ワゴン、トールについて触れてみようと思います。

トヨタ ルーミー/タンク・スバル ジャスティとの比較

※ 画像はトヨタ ルーミー

OEMでトヨタやスバルにも供給しているモデルゆえに、違いがどれほどあるのか…というのも気になるポイントかもしれません。ダイハツ トールとトヨタ タンクをチェックするとほぼエクステリアデザインに違いはありません。

しかし、ルーミーをチェックすると、フロントマスクの違いが明確になります。スバルのジャスティもルーミーに準じたデザインとなっています。

ざっくりいえば、トール&タンク=男性的デザインルーミー&ジャスティ=女性的デザインと例えられるかもしれませんね。このあたりは販売ターゲット層と関係があると考えます。

売上では、トヨタ勢のルーミー/タンクの販売台数が圧倒的ですが、トータルでトヨタグループとして成功している小型ワゴンモデルといえるのではないでしょうか。

ダイハツ トールは今後どうなる?

以外とニッチながらニーズのある1リッターワゴン市場。女性オーナーからのレビューも多く、スライドドア装備でお子さんの送迎やお買い物など利便性が高いことと、1リッターターボは非常にパワフルかつ高燃費で、セカンドカーでなくこれ一台で充分、という商品力の高さが魅力といえます。

しかし、現在市場での人気はスタイリッシュSUVモデル。5ナンバーのSUV「ダイハツ ロッキー」「トヨタ ライズ」といったモデルが人気を博しており、競合する部分があると考えます。日本独自といってもいい進化を遂げてきたリッターワゴンの末裔「トール」が生き延びていくのか、興味深いところですね。

YOSHIT

しがない古物商。中古車をたまに販売。愛車遍歴は、いすゞPAネロ、ホンダZ360、ランチア・デルタ・インテグラーレ16V、アルピーヌ・ルノーV6ターボ等々、一貫性もなく。現在はルノー・ルーテシア(CLIO4 120TCe)、KTM RC250(2輪)が愛車。旧車、ラテン車に目がないオッサンです。

YOSHIT