【プロ解説】ポルシェカイエンターボのエンジンやミッション、パワートレーン等のスペックを徹底解説!!

現行型ポルシェ カイエンは、ベーシックモデルのカイエンに搭載されている3L V6ターボをはじめ、2.9L V6ツインターボ、3L V6ターボエンジン+モーターのハイブリッドシステム、4L V8ツインターボエンジン+モーヤーのハイブリッドシステム。そしてカイエンターボに搭載されている4L V8ツインターボの5種類のパワートレインを用意しています。ここでは今回試乗したカイエンターボのパワートレイン(エンジン、トランスミッション、4WDの走行システム)について紹介・解説していきます。

文/写真・萩原文博

Chapter
モリモリ加速する。カイエン ターボ V8のパワーを解説!
3.5トンまでのトレーラーも牽引いける!ティプトロニックSの実力とは?
カイエン全グレードに設定されるPTM(4WDシステム)とは?
カイエンはポルシェ911のSUV版?!【ポルシェ カイエン ターボ】約総額2500万円のカイエンターボを試乗レビュー!!【試乗編】
総額2500万円? 550馬力【新型ポルシェ カイエン ターボ】ポルシェカイエンの外装、内装、荷室など徹底解説!!【解説編】

モリモリ加速する。カイエン ターボ V8のパワーを解説!

現行型カイエンターボに搭載されている4L V型8気筒ツインターボエンジンは、最高出力550PS、最大トルク770Nmを発生。最高速度は286km/h、0-100km/h加速タイムは約4.1秒(スポーツクロノパッケージ仕様車は3.9秒)という高いパフォーマンスを発揮します。

エンジン種類:3996cc V型8気筒DOHCツインターボ
最高出力:404kW(550PS)/5750-6000rpm
最大トルク:770Nm/1960-4500rpm
0-100km/h加速:4.1秒
ミッション:8速ティプトロニックS
車両本体価格(消費税込):19,372,222 円 (ティプトロニックS)

このV8エンジンはパナメーラから採用された新世代エンジンで、排気量はダウンサイジングしているものの、基本エンジン、燃焼行程、ガスサイクル、および過給器テクノロジーの全てが性能と燃料効率を高めるために最適化されています。

4L V型8気筒ツインターボエンジン

その結果、JC08モード燃費も8.4km/Lを実現しています。 カイエンターボに搭載されているV8エンジンには革新的な技術が採用され、ターボチャージャーはVバンクの内側にセンターターボレイアウトで配置されています。

この結果、エンジンの小型化が実現できるだけでなく、車両内部の低位置に取り付けることが可能となるだけでなく、重心も下がることで、横方向のダイナミクスが改善されます。

カイエン用 ターボチャージャー

また、燃焼室とターボチャージャー間の排気経路の短縮によってエンジンレスポンスが向上し、出力の上昇もより迅速となっています。逆回転式のツインスクロールターボチャージャーは低回転域から大きなトルクを発生し、エンジンのレスポンスを向上。

排気ガスは完全に分離され、各シリンダーで発生するガスから影響を受けることがなく、効率が大幅に改善されています。

3.5トンまでのトレーラーも牽引いける!ティプトロニックSの実力とは?

8速ティプトロS オートマチックトランスミッション

現行型カイエンは先代よりさらにスポーティで快適な走行を提供するために、8速ティプトロSオートマチックトランスミッションを含む新世代ドライブトレインを開発しました。

この新ミッションは、高速シフトと快適で滑らかな始動特性を兼ね備えており、ギアシフト時のトラクションの中段を低減させています。

また新しい遊星歯車装置が先代モデルより短い1速と長い8速を備えたワイドギア比を実現させました。これによって初期の加速性能が改善されて、快適性と燃料効率を向上させています。

新ミッションは新しいシフトバイワイヤーテクノロジーによって、マニュアルシフトゲートのシフトストロークが短くなり、シフト操作力も低減した結果、快適性が向上しています。

さらに、セレクターレバーの位置とデザインはインフォテイメントシステムの手動操作のために理想的な接触面を提供しています。

また、差別化された新しいドライビングモードはミッションの新しいチューニングメニューのメリットを得ることが可能です。「ノーマル」モードでは、迅速かつ滑らかにハイギアにシフトすることで、燃料を節約。

「スポーツ」モードにすると、ティプトロニックSはスポーティな設定に変わり、俊敏な加速と素早いシフトチェンジが可能となります。

現行型カイエンでは全モデル6速で最高速度に達し、7速と8速ギアはコースティング機能と連動して、長距離走行時に最高の持続性と快適性を改善するように設計されており、エンジンの低回開店時における社内の騒音も低減しています。 また新しいミッションは他の車両をけん引する際にもメリットがあります。

コンバーターのトルク向上によって、始動時や駐車操作時にも大きなトルクを伝えることができ、3.5トンまでのトレーラーをラクラクとけん引できます。

また、1速が先代より約4%短く、特に低回転域の機敏な運転Sが可能となり、オフロードでの走破性を向上させています。

カイエン全グレードに設定されるPTM(4WDシステム)とは?

現行型カイエンの全モデルに電子制御可変マルチプレートクラッチを備えた4WDシステムのポルシェトラクション マネジメントシステム(PTM)が採用されています。

このアクティブ制御による4WDは、あらゆる走行条件で適切にトルクを配分して、ドライビングダイナミクス、俊敏性、トラクション、およびオフロード性能にメリットをもたらします。

カイエンターボ フロントアクスル

カイエンターボ リアアクスル

4WDシステムはリアアクスルとフロントアクスル間のトルク配分を可変制御し 、さらにPTMは走行条件を常にモニターし、ダイナミック走行時には最適なトルク配分とトラクションを得るためにコーナーでトルクを加減してタイヤのサイドサポートを改善します。

オフロード走行時には、常に最大の推進力が得られるように4輪間のトルクを完全に可変配分してくれます。

先代モデルより排気量がダウンサイジング化されたエンジンと新開発の8速ATのトランスミッション。そして電子制御4WDシステムによって現行型カイエンはどんなシーンにおいても高いパフォーマンスを発揮するだけでなく、操縦安定性を実現しています。

ポルシェカイエン、ならびにポルシェ カイエンターボは、ポルシェのスポーツSUVとして名に恥じないクルマとして仕上がっています。

カイエンはポルシェ911のSUV版?!【ポルシェ カイエン ターボ】約総額2500万円のカイエンターボを試乗レビュー!!【試乗編】

ポルシェカイエンは、2002年に初代が誕生しました。このカイエンはポルシェの業績不振から救った救世主として知られています。 今回ご紹介するポルシェカイエンは、カイエンターボというカイエンのグレードの中でも上から2番目のグレードになります。3代目へと進化した、カイエンはMLBエボというアーキテクチャを使用し、アウディQ8、ランボルギーニウルス、ベントレーベンテイガなどにも使用されています。果たしてどんなSUVになっているのか? 今回はそのカイエンのグレードの中でも上から2番目のグレードにあたるカイエンターボが登場。CARPRIMEナビゲーター、河西啓介が解説します。

総額2500万円? 550馬力【新型ポルシェ カイエン ターボ】ポルシェカイエンの外装、内装、荷室など徹底解説!!【解説編】

ポルシェカイエンは、2002年に初代が誕生しました。このカイエンはポルシェの業績不振から救った救世主として知られています。 今回ご紹介するポルシェカイエンは、カイエンターボというカイエンのグレードの中でも上から2番目のグレードになります。3代目へと進化した、カイエンはMLBエボというアーキテクチャを使用し、アウディQ8、ランボルギーニウルス、ベントレーベンテイガなどにも使用されています。果たしてどんなSUVになっているのか? CARPRIMEナビゲーター、河西啓介が解説します。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ