日産 2代目ノートの長所(メリット)はe-Powerだけじゃない!?こんな長所がありました!

画像2

今回は日産 ノートの長所を紹介していきます。日産 ノートは、2016年のマイナーチェンジ以降、長い間人気ナンバーワンのコンパクトカーに君臨しています。その人気の秘密はライバル車にない、新技術や仕様、装備など使用する人を満足させる「長所」がたくさんあるからでしょう。早速、日産 ノートの長所を探って見たいと思います。

文・PBKK

Chapter
日産 ノートはe-POWERの搭載で人気ナンバーワンに!
日産 ノートはエンジンでバッテリーを充電?
日産 ノートは外部電力からの充電が必要ない!
日産 ノートe-POWERは加速性能が抜群!
日産 ノートの真骨頂!ワンペダル走行
日産 ノートはモーター走行だから静か!
日産 ノートは余裕のある室内空間
日産 ノートの運転席(シート)はホールド感が抜群!
日産 ノートは安全装備が充実!
日産 ノートには死角なし!?
日産 ノートはバックカメラで後方を確認できる!

日産 ノートはe-POWERの搭載で人気ナンバーワンに!

日産 ノートが世間をアッと言わせ、大人気になったわけはなんといってもe-POWERシステムの搭載です。これは異議を唱える人はないでしょう。日産が開発したe-POWERは、クルマの駆動をモーターだけにして、エンジンはバッテリーを充電するだけに使われるという画期的なシステムです。

モーターだけで動くので電気自動車かと思われてますが、ガソリンエンジンも使うということで税制上はハイブリッド車扱いになっています。充電するだけとはいえ、エンジンを使用しているのでガソリンを消費します。そのためハイブリッドのカテゴリーに当てはめられました。

日産 ノートはエンジンでバッテリーを充電?

実際のモーターとエンジンの動きを簡単に説明しましょう。スタートはもちろんモーターだけです。バッテリーに電気が残っていないとスタートできませんが、バッテリー残量がゼロになることはありません。前回の走行時にコンピューターが判断してエンジンを動かし必要な分を充電をします。

バッテリーが規定量以上充電されていれば、急加速や登坂でないかぎりモーターだけで走行します。バッテリーがなくなってきたらエンジンが始動し充電を開始します。急加速、高速道路、山道といったモーターへの負荷が多くかかる場合は、バッテリーの残量にかかわらず、エンジンが動いて充電を続けます。

アクセルの踏み込みとエンジンの動きが連動しないのがe-POWERの特徴で、運転の感覚に初めは少し違和感があるかもしれません。慣れてくるとe-POWERの素晴らしさを実感できると思います。

<次のページに続く>
次ページ
日産 ノートは外部電力からの充電が必要ない!