レクサス LCの注目の純正アクセサリーとは!?

高級ブランドのレクサスの中でLが付いたモデルとしては、セダンのLS、SUVのLX、そしてクーペのLCの3モデルがあります。Lの意味はラグジュアリーの頭文字で、セダン・SUV・クーペの各々のラインナップの中で最もハイエンドのモデルにLがつけられています。

LCは、LSやLXに比べ、ベースモデルの価格が約1252万円からと最も高く設定され、レクサスのラインナップの中でもハイエンドのモデルとなっています。特に8人乗りも設定されているLX、5人乗りのLSと比べ、4人しか乗れないLCは、3モデルの中で最もコンパクトでもあるので、空間面積からも最も贅沢なモデルとも言えるでしょう。

そのような贅沢なクーペLCは、ベースモデルでもこだわりのパーツが装着されており、充分満足な仕上がりとなっていますが、スポーティなエッセンスをプラスしたいオーナーに向けて、特徴的な純正アクセサリーがTRDで用意されています。今回はその中から注目のアイテムをご紹介します。

文・YOKOHAMA

Chapter
フロントスポイラー
サイドスカート
リヤスポイラー
リヤディフューザー&リヤサイドスポイラー
エアロダイナミクスミラーカバー
21インチ鍛造アルミホイール&セキュリティロックナットセット

フロントスポイラー

レクサス LC オプション

フロントセクションでは、定番のフロントスポイラーが用意されています。左右分割タイプとなっているフロントスポイラーは、装着することで見た目のスタイリッシュさを向上させながら、空気を整流し、気持ちの良い走りをもたらします。

また、セットで装着するグリル下部のゴムリップは、コンパクトなパーツながらしっかりダウンフォースを発生します。さらに、このゴムリップはEPDM樹脂で作られており、バンパーガードも兼ねた空力アイテムとなっています。なおこれらは、装着することで、地上高がオリジナルより約30mmダウンします。

サイドスカート

レクサス LC オプション

サイドセクションでは、リヤフェンダーとのつながりを重視したグラマラスなデザインが採用されたサイドスカートが用意されています。空力効果としては、ボディ側面を流れる風を整流し、直進安定性を向上してくれます。

ホイールベースが短いクーペタイプで、かつ後輪駆動のモデルはクイックなハンドリングが得られる反面、ロングホイールベースのセダンや前輪駆動のモデルと比較すると直進安定性の面では不利な構成です。

クーペの後輪駆動を採用したLCにとって、このサイドスカートを装着することで直進安定性が高められるという効果が得られるということは魅力的ですね。

レクサス LC オプション

なお、このサイドスカートには、純正のボディ形状に与えられている、エアロカーテン(整流効果)をさらに向上させるために、2つの機能が付与されています。1つ目はタイヤ下部に当たる風を低減し、抵抗を減少させる機能です。この機能により、燃費や走行性能を向上してくれます。

レクサス LC オプション

そして2つ目は、エアロカーテン下に強い風を流すことで、車両の底面に入り込む横風を減少させる機能です。この機能により、風切り音が減少し、そして外乱(煽られ)を抑制してくれます。

また、装着することで地上高がオリジナルより約20mmダウンしより、機能面にプラスしてよりスタイリッシュなサイドシルエットを演出してくれる点もポイントです。

リヤスポイラー

レクサス LC オプション

リヤセクションでは、トランク部に装着するリヤスポイラーとバンパー下部に装着するリヤディフューザー&リヤサイドスポイラーが用意されています。比較的シンプルな造形のリヤスポイラーは、装着することでリヤトランク上面を流れる風を整流し、バランスを取り、安定した走行性能に寄与してくれます。

大きな派手なウイングタイプではなく、LCのデザインを損なうことなくマッチするシンプルなデザインも魅力的ですね。

リヤディフューザー&リヤサイドスポイラー

レクサス LC オプション

リヤバンパー下部に装着するリヤディフューザー&リヤサイドスポイラーは、ディフューザー部分にフィンとメッシュダクトを配置し、さりげなくスポーティさを演出してくれます。

なお、これらを装着することで、地上高がオリジナルより約25mmダウンし、より安定感のあるリアスタイルを創り上げてくれるうえ、ダウンフォースを発生させ、より快適な直進安定性をもたらしてくれます。

エアロダイナミクスミラーカバー

レクサス LC オプション

コンパクトなアイテムながら、空力パーツとして効果を発揮するのが、このエアロダイナミクスミラーカバーです。先進的なスタイリングは見た目の美しさもさることながら、 走行時の風切音低減と明快な運動性能向上をもたらしてくれます。

これまでの定番のエアロパーツとは、一線を画す空力パーツとして登場したこのエアロダイナミクスミラーカバーは、単にボディに斬新でスポーティなデザインを付加するだけではなく、明快な静粛性とステアフィール、いわゆるハンドルの手ごたえをより一層はっきりさせることができるパーツとして開発されています。

そして出来上がったエアロダイナミクスミラーカバーの斬新なデザインは、テストコースを数えきれないほどのパターンでテスト走行を行い、いくつものモックアップモデルで空力効果を確認しながらトライ&エラーを繰り返し作られたこだわりの形状であるとのことです。

是非、このエアロダイナミクスミラーカバーを装着した車を見かけた際はそのこだわりの形状を確認してみてください。

レクサス LC オプション

TRDのエアロパーツは、見た目だけではなく、数々のレース活動で培われたメーカーワークスならではの空力効果を追求したこだわりのデザイン、機能が盛り込まれています。

そのため、フロントスポイラー・サイドスカート・リヤディフューザー&リヤサイドスポイラー・リヤスポイラーを同時装着を行うことで、より高い効果を発揮するように設計されているということなので、エアロパーツを装着する場合は、これらのパーツの同時装着をおススメします。

レクサス LC オプション

また、通常のボディカラーに合わせたバリエーションのほか、エアロパーツをブラックカラーにして、より引き締まったイメージに仕上げることができるブラックエディション(画像下)もブラックカラー以外のボディカラー用として設定しているので、ボディカラーに合わせて好みのスタイルを選択することができます。

21インチ鍛造アルミホイール&セキュリティロックナットセット

レクサス LC オプション

LC用として専用開発された、21サイズのアルミホイールは、スポーク部分の造形にもこだわりながら開発された、軽量・高剛性の鍛造アルミホイール(1ピース)です。バネ下重量の軽減と剛性向上を行うことで、しなやかな乗り心地と安定したロードホールディング性能に貢献してくれます。

レクサス LC オプション

サイズはフロントが21×8.5Jインセット20、リヤが21×9.5Jインセット20となっており、装着するためには、別途ランフラットタイヤ(推奨:フロント 245/40RF21・リヤ 275/35RF21)が必要となります。なお純正ホイールキャップ・TPMSバルブは、標準装着のパーツを使用します。

ホイールのカラーは、ダイヤモンドグレーメタリックのほか、艶消し黒のアイスブラックもラインナップ。ブラックエディションの場合は、アイスブラックとのマッチングが良さそうですね。

レクサス LC オプション

レクサスの最上級クーペのLCは、最上級モデルなだけに、ベースモデルも素晴らしく充分満足できる仕上がりとなっています。

しかし、さらに上の空力性能や運動性能追求したこれらのTRDパーツを装着することで、さらにワンランク上の操縦安定性と快適性を得ることができ、LCをさらに研ぎ澄まされたスポーツクーペに仕上げることができます。ノーマルの走りに満足できないオーナーはぜひ、これらのTRDパーツを装着してみることをおススメします。

yokohama|よこはま

外資系自動車WEBサイトのライターとして10年以上、メーカーオプション、ディーラーオプション、アフターカーパーツの情報を中心に執筆。オートサロン、オートメッセなど現地取材をし、カーグッズの変遷や新商品情報についても得意とする。新カーグッズの情報などユーザーのカーライフが楽しくなる記事を執筆中。

yokohama|よこはま