ホンダ グレイスの収納機能は利便性が抜群!

ホンダから「コンパクトセダンの刷新」のコンセプトを背負って登場したグレイス。それまでホンダはスポーツカーやミニバンに力を入れていた印象でしたが、コンパクトながらも広々とした室内を確保し、軽やかで安定感のあるセダンの新星として開発されました。

同社のコンパクトカー、フィットのプラットフォームを採用したことによりセンタータンクレイアウトを実現。センタータンクレイアウトは車内を広げて使用できるという特徴があります。グレイスにはそんな開放的な室内空間を活かした収納機能がいろいろと詰まっています。

日常的に使用する小物を収納するスペースから、室内をまるごと活用した収納などさまざまです。今回は、ホンダ グレイスの利便性の高い収納機能についてご紹介します。

文・PBKK

Chapter
コンパクトながらも広い室内空間が魅力のグレイス
前席にはさらに運転しやすくなる気の利いた収納機能が!
シンプルながらも車内環境をアップさせる後部座席の収納機能
大容量の荷物を積載できる荷室
後部座席をアレンジしてさらに広がる荷室スペース!
ガソリン車には床下収納も!?

コンパクトながらも広い室内空間が魅力のグレイス

小回りの利くコンパクトボディが魅力の1つとして挙げられるグレイスですが、見た目からは想像できないほどにゆったりと過ごせる室内空間が広がっています。グレイスの室内寸法は、室内長2,040mm×室内幅1,430mm×室内高1,230mm

たっぷりとした横幅、伸びやかな奥行きもあり、乗り込むと一瞬にして分かりますが非常に広々とした空間です。座ったときに、隣どうし肩を並べても圧迫感を少しも感じさせません。また室内高1,230mmと頭と天井の間隔であるヘッドクリアランスもしっかりと確保されています。

ワイドな設計に加え、体をしっかりと包み込むシートによって十分な居住空間を実現。シートクッションをシートサイドまで拡大させていることも室内を広く感じさせる理由です。前後席の距離間隔にも余裕を持たせ、足元にものびのびと足を伸ばせるリラックス空間を実現しました。

子供はもちろんのこと、成人男性が足を組んでも窮屈さを感じさせません。コンパクトながらも開放的なグレイスの室内は特別にもてなされているような気分となる空間に仕上げられています。

前席にはさらに運転しやすくなる気の利いた収納機能が!

まるで家で過ごしているかのようにラグジュアリーな室内空間が魅力のグレイスですが、便利な収納機能を加えることによって使い勝手が良くなります。前席、後席と乗車した人のことを考えられながら設定されており、前席にはドライバーがさらに運転しやすくなる収納機能ばかりです。

運転席前には駐車券や高速道路の通行券などをしまって置けるカードホルダー。このようなチケットは取ってもまたすぐ運転に集中しなければならず、瞬時の置き場所に困ります。助手席の人に預ければまた取り出す必要があり、どこかへ置いておくと失くしてしまう場合も。

そんなときに運転席前方の取りやすい場所に設置されているカードホルダーを活用すると便利で安心です。さらにカードホルダーの下部にはコインポケットも装備されているので小銭などを一旦そこへ入れて置けます。また助手席前に設置されているのは奥行きのあるグローブボックス。小物から少し大きいものまでマルチに活躍します。

運転席と助手席の間にはガムやメガネケースなど常備しておきたい物が入れられるフタ付きのアームレスト付きセンターコンソールボックスが装備されており、ポケットも付いているのでメモ帳や携帯などちょっとした小物を収納することができます。ドライブしていると「ドリンクの置き場所が1つだと足りない」なんてこともありますよね。

長時間のドライブだと予備のドリンクはもちろん、いろいろなものを飲みたくなってしまいます。グレイスの前席にはドリンクホルダーが豊富に備えられています。運転席と助手席のドアポケットにはドリンクを収納できる「ボトルホルダー&ドアポケット」、センターには2つ並べて収納できる「フロントコンソールボックス」。

どちらもしっかりとした深みとホールド感があるので運転中にこぼす心配がいりません。

シンプルながらも車内環境をアップさせる後部座席の収納機能

グレイスの後部座席にもシンプルながらも多彩な収納機能がちりばめられています。活用することでさらに後部座席の車内環境をアップさせることができ、ゆったりかつ便利にドライブを楽しむことができるでしょう。助手席の後ろに設置されているのはシートバックポケットです。通常だと、ガイドブックや雑誌などの本を収納して置けます。

もちろん本だけではなく、その薄いスペースを有効活用して、さまざまな物を入れておくことができます。たとえば、子供がいる場合は手や車内が何かと汚れる場合もあります。シートバックポケットにタオルやウェットティッシュなどを忍ばせておけばサッと簡単に取り出せてラクです。

また飽きないようにゲームや映像などが見られるアイパッドなども収納しておけます。グレイスのHYBRID EXには快適装備のリアエアコンアウトレットに携帯などを充電できるアクセサリーソケットが装備されています。充電してそのままシートバックポケットに入れて置けるので非常に便利です。

後席間のアームレストにはドリンクを2つ収納できるリアアームレスト(ドリンクホルダー)。ドリンクホルダーはサイドのリアドアにも設置されています。前席のみならず、後席も豊富にドリンクホルダーが設置されているのがポイントです。

またリア右席にはコートフックが設置されています。ハンガーがかけられるようになっているので、仕事や冠婚葬祭など、大事な洋服をシワなく持ち運びをしたいときに非常に便利です。

シートバックポケットやドリンクホルダーなど、一見、どんなクルマにもある収納機能ですが、携帯などを充電しながらの収納やドリンクホルダーを豊富に設置するなど、使用した人の先の望みまで叶えてくれているように見えます。

次ページ
大容量の荷物を積載できる荷室