ダイハツ タントとタントカスタムのオプションの違い

タントとタントカスタムの違いは、基本的にはデザインのみです。どちらにするかはデザインの好みで選び、あとは必要な装備内容を検討してグレード選択すればいいだけと、とても分かりやすくなっています。

では、選択できるオプションにはどのような違いがあるのでしょうか。本記事では、タントとタントカスタムのオプション設定の違いについて、ご紹介していきます。

文・吉川 賢一/写真・エムスリープロダクション 鈴木 祐子

Chapter
タント/タントカスタムはエクステリアパーツが豊富!スタイリッシュ?それともカジュアル?いろんなタイプに変幻自在!
タント2色とタントカスタム4色の特別限定ボディカラーを設定!
快適性を引き上げるインテリアオプションと先進安全装備も充実するパッケージが魅力!

タント/タントカスタムはエクステリアパーツが豊富!スタイリッシュ?それともカジュアル?いろんなタイプに変幻自在!

ダイハツ タント

タント/タントカスタムそれぞれに、多くのエアロパーツやドレスアップパーツが用意されています。もちろんひとつひとつ選んでつけることも可能ですが、何ヶ所かのパーツがセットになる「パックオプション」がお得です。

タントの「エアロパック:87,802円 ディーラーオプション(※ 以下Dオプ)」では、フロント/リア/サイドにロアスカートが装着され、同じくタントの「エアロスタイリッシュプラン:26,9500円 Dオプ)」では、エアロパックに加え、LEDフォグランプキットや4本スポークのアルミホイール、バックドアスポイラーなどが装着されます。

スタイリッシュにドレスアップしたい、という方にはタントを選んで、このアレンジを加えるのがおススメです。

また他にもタントには、フード部やバックドア下にホワイトもしくはグリーンのラインが施され、4本スポークでホワイトポリッシュのアルミホイールが装着される「カジュアルプラン(ホワイト・グリーン) :137,808円」があります。こちらはタントのかわいい印象を、より引き立てるアレンジが可能です。

ダイハツ タントカスタム

タントカスタムでは、メーカーオプション(※ 以下Mオプ)でXグレード以上に、LEDフォグランプやフォグランプガーニッシュ、リアリフレクターガーニッシュが装着される「スタイルパック:26,400円」が用意されています。

さらにDオプで、フードガーニッシュとバックドアガーニッシュが施される「メッキパックA:34,430円」と、フロント/リアのバンパーと、サイドスカートにガーニッシュが施される「メッキパックB:65,516円」があります。また、メッキパックAに、バックドアスポイラーを組み合わせた「プレミアムプラン:71,038円」。

メッキパックAとBにバックドアスポイラーを組み合わせ、さらにドアミラーガーニッシュを施した「プレミアムプラスプラン:146,432円」。そして、プレミアムプラスプランのメッキをダークブラックメッキにした「スポーツプラン:244,794円」も用意されています。

「クールにドレスアップしたい」という方には、これらがおススメです。また、この「プレミアムプラン」「プレミアムプラスプラン」「スポーツプラン」は、Mオプのスタイルパックとの組み合わせでかなりお買い得になります。

タント2色とタントカスタム4色の特別限定ボディカラーを設定!

タントでは、カスタムとの共通色を含めて9色、タントカスタムでは共通色を含めて全11色のボディカラーがあります。

その中でもMオプで用意されている特別なボディカラーとしては、タントでは「シャイニングホワイトパール」「レーザーブルークリスタルシャイン」の2色であるのに対し、タントカスタムでは、この2色に加え「プラムブラウンクリスタルマイカ」「パールブラック」が用意されています。

※ それぞれ27,500円

さらにタントカスタムでは、ブラックマイカメタリックとの2トーンも用意されており、シャイニングホワイトパールもしくはレーザーブルークリスタルシャインとの組み合わせが77,000円。ファイヤークォーツレッドメタリックとの組み合わせが66,000円となっています。

タントとタントカスタムで悩んだ時、好みのボディカラーがあるほうで選ぶのもいいかもしれません。

快適性を引き上げるインテリアオプションと先進安全装備も充実するパッケージが魅力!

2020 ダイハツ タント

インテリアに関しては、タント/タントカスタムともに、Xグレード以上で豊富なオプションが用意されています。

360゚スーパーUV/IRカットガラス
格納式シートバックテーブル(運転席/助手席)
シートバックポケット(運転席)
運転席シートリフター
チルトステアリング
シートヒーター(運転席/助手席)
リヤヒーターダクト

以上がセットになった「コンフォータブルパック:38,500円」は、タント/タントカスタム共にXグレード以上で装着が可能で、どれも備えていると快適にドライブができそうな装備ばかりです。

2020 ダイハツ タントカスタム

またタント/タントカスタム共に、最上位グレードのXターボ/カスタムRSで装着可能な「スマートクルーズパック:55,000円」は、全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)とそれに関する装備にプラスして、ETCユニット等が備わり、先進装備を充実させることが可能。

ただし、ライバルのN-BOXでは標準装備のACCが、タント/タントカスタムでは最上位グレードでしかつけることができない、という点は注意が必要です。

さらに、駐車支援システム「スマートパノラマパーキングアシスト」もオプション設定されています。上述したスマートクルーズパックに、スマートパノラマパーキングアシストを追加した「スマートパノラマパーキングパック+スマートクルーズパック」は126,500円。

この駐車支援システムはライバルのN-BOXやスペーシアでは、オプションでも用意されていませんので、こちらを必要とされるかたは、タント一択となるでしょう。

標準装備と同じく、インテリアに関してはタントとタントカスタムでの違い、というよりも、グレードによる違いとなります。大人気で多く売れているタント/タントカスタムですので、どうしても他の方とかぶってしまいがち。そうならないよう、カスタムパーツの選択肢が多くあるのは嬉しいポイントです。

「標準のままのタントではつまらないけど、カスタムのぎらついた感じはちょっと…」という方には、タントでエアロパーツを付けるのがおススメ、また「誰よりもぎらつかせたい!」という方は、タントカスタムでスタイルパック+プレミアムプラスプラン、もしくはスポーツプランを付けるのがおススメです。

インテリアに関しては、もちろんグレードが上がるほど豪華な装備が用意されていますが、ご自身の使用環境をよく考え、必要な装備を取り入れてみてください。

吉川 賢一|よしかわ けんいち

モーターエンジニア兼YouTubeクリエイター。11年間、日産自動車にて操縦安定性-乗心地の性能技術開発を担当。次世代車の先行開発を経て、スカイラインやフーガ等のFR高級車開発に従事。その後、クルマの持つ「本音と建前」を情報発信していきたいと考え、2016年10月に日産自動車を退職。ライター兼YouTube動画作成をしながら、モータージャーナリストへのキャリア形成を目指している。

吉川 賢一|よしかわ けんいち