ダイハツ ウェイクの乗り心地はいかに!?

ダイハツ ウェイク

トールワゴンタイプの軽自動車はメーカー各社に多彩なラインナップがあります。その中でもウェイクは個性的な外観であり、どことなくSUVを彷彿とさせる顔もしています。今回は気になる乗り心地を紹介します。

文・PBKK

Chapter
ゴツゴツした見た目と裏腹の優しい乗り心地
必要十分な座席の広さ
乗る人すべてが満足できる
後席はシートベルトをしても快適
街中での乗り心地
高速道路での乗り心地

ゴツゴツした見た目と裏腹の優しい乗り心地

ウェイクは高い天井を持っていますが床も低い車です。そのため思っているよりも重心が低く、どっしりとした走りを見せてくれます。ちょっとした移動や買い物なら快適に乗っていられるのではないでしょうか。

運転席からの見切りの良さも見逃せないポイントです。シートに座ると普通車のミニバン並の視界が確保されているので、余裕を持ったドライビングポジションで運転ができます。見切りが悪かったりすると前かがみになったり、そのせいで腰が痛くなったりすることもあるので、ウェイクの良好な視界は嬉しいですね。

必要十分な座席の広さ

運転席・助手製・後席のどれもゆったりと座れる座面と背もたれの大きさがあります。標準的な日本の成人男性なら深く腰掛けることは難しくなく、長距離移動のときは背もたれを倒してリラックスした姿勢を取れます。

<次のページに続く>
次ページ
乗る人すべてが満足できる