スズキ スペーシアカスタムの欠点(デメリット)は?

スペーシアカスタム

スペーシアカスタムはスズキが誇る人気の軽ハイトワゴンです。軽自動車でありながら、広大な室内空間と充実の安全機能を両立させ、幅広い層から支持されています。そんなスペーシアカスタムは、魅力的な長所があれば改良を願う欠点も持ち合わせています。今回は、スペーシアカスタムの欠点についてご紹介していきます。

文・PBKK

価格が高い?

スペーシアカスタムの新車価格は以下の通りです。

HYBRID GS:2WD 157万6800円 4WD 169万7760円
HYBRID XS:2WD 169万0200円 4WD 181万1160円
HYBRID XSターボ:2WD 178万7400円 4WD 190万8360円

全車に装備されている「衝突被害軽減ブレーキ」を非装着すると5万9400円引かれますが、トップグレードを選択するとオプションや諸経費費用を含め200万を超えるので、コンパクトカーよりも価格が高いと言われています。

しかし、スペーシアカスタムは高いだけではなく価格相応の優れた動力性能を備えているので、軽自動車で200万超えたくないという方はスタンダードグレードなど価格が抑えられたクルマを検討するのがおすすめです。

広い室内空間と高い居住性に加え優れた安全性能を持つハイトワゴンのスペーシアカスタムですが、使用しているうちに不満が漏れてしまうこともあるでしょう。ぜひ購入前に気になる部分をピックアップし、試乗などでしっかりとチェックしてから購入しましょう。