【東京オートサロン2020】往年のBMWが展示されるBBSブースには最新のホイールを展示!東ホール8へ!

高品位なホイールで知られるBBSは、東京オートサロン2020の会場で2種の新作を発表した。

文・写真/栗原 祥光

TAS2020 BBS
TAS2020 BBS
TAS2020 BBS

RE-V7は、SUPER GTなどのレース車両に使われているデザインを民生用に落としたもの。サーキットで得た知見が反映された、走りを好む人にはうってつけのモデルだ。アルミワンピースのモデルで、夏頃の発売を予定している。展示されているサイズは18インチの9.0Jで、迫力のあるスタイリングは多くの人々からの注目を浴びていた。

TAS2020 BBS

2ピースモデルであるLMには、新たにリムの仕上げを変更したモデルが登場する。こちらはグロッシーな輝きで、研磨にはダイヤモンドが使われていること。滑らかな光沢はドレスアップには好適で、まるで鏡面のような輝きは、愛車の足元を美しく彩ってくれることだろう。

TAS2020 BBS

ブース内ではビレットと呼ばれるアルミの塊からホイールが出来上がるまでの工程も展示。同社の基幹技術である鍛造の工程がわかるようになっている。こちらもまた是非チェックしていただきたい。

ブース内には、他にもBBSホイールがラインアップされている。一度は使ってみたいBBSホイール。ぜひ会場でチェックしてみてはいかがだろうか。

栗原 祥光|くりはら よしみつ

中央大学理工学部卒。通信機器メーカーにて回路設計をした後、長年の趣味であったオーディオへの夢を追い求めて専門雑誌の編集者へと転職。その後、一般誌の編集を経て現在フリーランスのカメラマン&ライターとして主にWeb媒体で活動する。モータースポーツのレポートや新車試乗記のほか、グルメやエンタメ系など幅広い分野で執筆中。

栗原 祥光|くりはら よしみつ