コンパクトSUVのVW T-Crossを3人のプロが徹底試乗解説!299.9万円で買えて全幅1,760mmながら荷室容量は大きい?内外装と走行性能を徹底試乗レビュー!

2019 T-Cross

2019年11月27日より受注が開始されたフォルクスワーゲンT-Cross。納車は2020年1月より始まるとのことですが、一足先に乗ってきました。今回は、自動車のプロ3人で徹底的にレビューしていきます。小さくも大きいと謳われる、常識からはみ出したSUVの実力はいかに!?

文:会田 肇・萩原 文博・工藤 貴宏/写真:萩原 文博・宮越 孝政

Chapter
AV機器のプロ【会田 肇】
エクステリア~見た目はティグアン?扱いやすさはポロ?~
インテリア~遊び心と心地よさを感じる室内~
走行性能~扱いやすいトルクと設置感のある足回り~
中古車相場のプロ【萩原 文博】
エクステリア~最小回転半径5.1mの取り回しの良さ~
荷室~2,550mmのホイールベースによりクラストップの荷室容量を確保~
走行性能~WLTCモードで16.9km/Lの低燃費を実現~
安全性能~17の運転支援機能~
国産コンパクトSUVを凌駕する走行性能と安全性能!金額にも納得?
使い勝手を評価するプロ【工藤 貴宏】
「T」兄弟に新たな仲間が登場!
ライバルを寄せ付けない荷室容量!
剛性の高さが生み出す安定感のある走り
ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズとの勝負はいかに!?

AV機器のプロ【会田 肇】

今、急拡大中のコンパクトSUV市場に、フォルクスワーゲンが「Tクロス(Volkswagen T-Cross)」を登場させた。ベーシックな「TSI 1st」なら300万円を切る299万9000円ACCなど安全装備を充実させ、SSDカーナビ「Discover Pro」まで搭載してこの価格は誰もが驚かずにいられないはず。

Tクロスは現在、全国のディーラーをキャラバン中とのことだが、一足早く試乗する機会を得たのでそのレポートをお届けしたいと思う。

エクステリア~見た目はティグアン?扱いやすさはポロ?~

Tクロスはポロと共通のモジュラーユニット「MQB」を用いたものだが、外観を見た印象はポロというよりも、兄貴分のティグアンに近いデザインだ。ボディサイズはポロよりも全方位に少しずつ大きく、フロントグリルや「リフレクターバンド」と呼ばれるリアガーニッシュを備えたことで十分なサイズ感を感じさせる。

その一方でホイールベースや最小回転半径はポロと同じにするなど、扱いやすさはポロ並みを実現。これが取り回しの良さを生み出しているのだ。

試乗したのはベーシックな「TSI 1st」に、レーンキープアシスト・ハイビームアシスト・18インチタイヤなどを装備した導入記念特別仕様車「TSI 1st Plus Design Package」。この仕様では、ホイールとドアミラーにオレンジ・グリーン・ブラック(ホイールはシルバー)の3色塗装が施される。

<次のページに続く>
次ページ
インテリア~遊び心と心地よさを感じる室内~

会田 肇|あいだ はじめ

1956年、茨城県生まれ。大学卒業後、自動車雑誌編集者を経てフリーとなる。自動車系メディア等でカーナビをはじめとする分野を取材、執筆に従事する一方で、ビデオカメラやデジタルカメラの批評活動を積極的に続けている。日本自動車ジャーナリスト協会会員。デジタルカメラグランプリ審査員。

会田 肇

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博

工藤 貴宏|くどう たかひろ

1976年生まれの自動車ライター。クルマ好きが高じて大学在学中から自動車雑誌編集部でアルバイトを開始。卒業後に自動車専門誌編集部や編集プロダクションを経て、フリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。心掛けているのは「そのクルマは誰を幸せにするのか?」だ。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジン搭載のマツダCX-5。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。

工藤 貴宏