北国に多い縦信号…横ではない理由とは?

私たちのドライブの安全を確保してくれる、信号機。住んでいる地域によっては横型しか見たことがない方もいらっしゃるかもしれませんが、北国には縦型の信号機が多く設置されています。今回はなぜ縦型の信号機があるのか、その謎を紐解いていきたいと思います。

文・PBKK

Chapter
積雪で信号が見えにくくなるのを防ぐため
積雪で信号機がつぶれてしまうのを防ぐため
横型の信号機にも意味がある

積雪で信号が見えにくくなるのを防ぐため

積雪信号機

横型の信号では、縦型に比べ天板部の面積が大きくなるだけでなく、庇(ひさし)も横に並ぶことで雪が積もりやすくなります。大量の雪が積もることでライトが視認しにくくなり、最悪の場合は見間違いで交通事故が発生する危険性もあります。

信号が縦型の場合、上から降ってくる雪に対して直接触れる信号機の面積は大きく減ります。そしてその分、信号機に雪が積もりにくくなり、信号機を見るときに雪が邪魔になることもありません。このように縦型の信号機が設置されているのは、雪を積もりにくくしてライトの視認性を確保する目的があります。

次ページ
縦型の信号機が採用されるもう1つの理由