ハイト系軽自動車の大本命!ホンダ N-WGN/N-WGN カスタムに試乗!コシのある足回りは一度試すべき!

ホンダ N-WGN 宮越孝政

“パーソナルな日常を心地よく”をテーマにベーシックカーの新基準を作ろうと開発されたのが新型N-WGNです。そんな視点に立って使い勝手、安全性能、運転のしやすさを徹底的に作り込んでいるのが特長です。その一方エクステリアやインテリアデザインははシンプルですっきりした世界観を持っています。最新のプラットフォームをベースに作り上げられたコンパクトカーの新基準とは?

文・斎藤聡/写真・宮越孝政

腰高感を感じさせないコシのある足回り

試乗してみるとN-BOXやN-VANなどスーパーハイトワゴンとは明らかに異なる重心の低さからくる安定感がありました。操縦感覚はいたって普通。とくに車高の高さを意識することもなく、違和感なく走れるんです。上記2台も決して走り味が悪いわけではありませんが、交差点の右左折やカーブ、あるいは強めのブレーキなどでルーフのあたりの重さを感じます。

N-BOXの全高はFFで1795mmですから、同じくFFのN-WGNの1675mmと比べ12センチほどの違いなのですが、これが大きく聞いているのでしょう。見方を変えると車高が1675mmもあるのに重心の高さを感じさせない操縦性を持っているともいえるわけで、これはなかなか大したものだと思います。

それから、エンジンとミッションのマッチングがよく、ターボがよかったのはもちろんのですが、自然吸気エンジンの良さに感心しました。I-VTECの効果で、低回転域のトルクが充実しているのに加え、CVTが中間加速でエンジン回転だけ上がっていってしまうようなことがなく、エンジンとスピードの上昇がまるで5速とか6速ATのような感覚で走れるため、心地よく、またエンジン自体の力感が感じられました。

足の長さ(長距離ドライブ)を求めるのならターボ付きでしょうが、街中を中心に使うなら自然空気で十分と思わせるくらい走りやすいものでした。
シートアレンジも多彩で荷物を積むのも便利だし、室内もスーパーハイトワゴンほどではありませんが十分に天井が高く開放感があります。「パーソナルな日常を心地よく」とはよく言ったもので、確かに使い勝手のいい、ちょうどいい広さの部屋を手に入れたかのようなクルマだなと感じました。

斎藤 聡|さいとう さとし

モータージャーナリスト。車両のインプレッションはもちろん、タイヤやサスペンションについて造詣が深く、業界内でも頼りにされている存在。多数の自動車雑誌やWEBマガジンで活躍中。某メーカーのドライビングインストラクターを務めるなど、わかりやすい解説も人気のヒミツ。日本自動車ジャーナリスト協会会員、日本カーオブザイヤー選考委員。

斎藤 聡