実燃費とカタログ燃費が違う理由!実燃費を良くする方法とは?

燃費が良いクルマを購入して、経済的にドライブを楽しみたい。多くの人が、おそらくそう考えているのではないでしょうか。新車にしろ中古車にしろ、大抵の人が車を購入するとき、資料に記載されている燃費を参照することと思います。

しかし実際にその車を購入して燃費を計測してみると、カタログに載っていたものとは大きく異なることがほとんどです。なぜこういう事態が起きてしまうのでしょうか。実はカタログ燃費と実燃費には大きな違いがあるのです。

ここではその違いと、少しでもカタログスペックと同じ燃費に近づけるにはどうすればよいか解説していきます。

文・PBKK

Chapter
カタログ燃費と実燃費が異なる理由とは?
燃費よく走るコツとは?

カタログ燃費と実燃費が異なる理由とは?

まずカタログ燃費は誰が、どのように決めているのでしょうか。メーカーが自分で好き勝手に決めていては、もちろん信頼性が保証されているとは言い難いです。実はカタログ燃費は、国が決めた試験の方法にのっとった形で計測され、それを国が検査することでその性能を客観的に計っているのです。

詳しい方法は割愛しますが、「平坦な坂道のない道で」「エアコンやカーナビ、オーディオ等余計な電力を使わず」車を走行させて燃費を計測します。もちろんカーブや前後に車がない状態で、実際公道ではちょっとあり得ない状況と考えてもよいです。

実燃費とは、その名のとおり実際に公道を自分で走らせたときに計測された燃費です。実際に走ってみると暑ければエアコンは使用するし暗ければライトも使う、平坦で一直線な道路などまず走らない、前後には別の車もいるし信号など走行を妨げたり中断する要素がとても多い状況です。

こうなるとカタログ燃費と同じ燃費を実現させるのは、実際のところ不可能と思ってもらって間違いありません。燃費は走行の仕方、つまり道路状況やドライバーの運転方法などによって一概には言えないのですが、平均的にはカタログ燃費よりも3割低くしたぐらいがその車の実燃費の目安です。

ガソリンメーター フリー画像
次ページ
燃費よく走るコツとは?