ボディーやフロントガラスの水あかなど汚れを落とす方法

クルマを洗車していると、ボディーやフロントガラスに付いたシミなどの汚れが気になることはありませんか?その汚れ、実は水滴によるものかもしれません。

文・PBKK

Chapter
「水滴」による汚れは2種類ある
汚れを防ぐ方法&落とし方

「水滴」による汚れは2種類ある

水垢 フリー画像

クルマのボディーやフロントガラスに付く、水滴による汚れは、「イオンデポジット」と「ウォータースポット」という2種類に分けることができます。

イオンデポジットは、クルマについた水分が蒸発するときに、イオンやミネラルといった成分が残ってしまうことで発生します。このイオンデポジットを放置してしまうと、汚れが何重にも重なってしまい大きなシミになってしまう恐れがあるのです。

ウォータースポットは、クルマに付いた水滴が太陽光の熱により、塗装面に焼き付いてしまうことで起こります。ウォータースポットは気温が高い夏に起こりやすく、ウォータースポットができた場所の塗装が色あせてしまうので、シミのように見えてしまうのです。

他にも、水が関係する汚れとして、雨によりボディーに塗装されたワックスやコーティング剤が少しずつ流れ出し、油性の汚れとなってクルマを汚してしまうといったケースもあります。

汚れを防ぐ方法&落とし方

洗車 フリー画像

水滴によるシミや斑点などの汚れを防ぐには、こまめな拭き取りが大切です。

洗車後はもちろん、雨の中から帰ってきた後は水洗いして土などの汚れを落とし、タオルで水滴を拭き取るようにすると、汚れを防ぐことができます。また、定期的にボディーにワックスやコーティングをすると、汚れが付きにくくなります。

もしすでに汚れが付いてしまっていたら、水あか用の除去剤を使うことがおすすめです。除去剤を使う場合には、研磨剤が含まれていないかなどをしっかり確認し、塗装を傷つけないように注意しましょう。

頑固な汚れは、市販の除去剤を作っても落ちない可能性があります。そのときは、専門業者などに相談するようにしてください。無理に自身で汚れを落とそうとすると、塗装がはがれてしまうなど悪化の恐れがあります。

洗車 フリー画像

汚れのないピカピカなクルマを維持するには、クルマのボディーやガラスに水滴を残さないことが重要です。そのため、こまめに拭き取りをするなど定期的なケアをすることが必要になります。また、汚れを付きにくくするためにワックスやコーティングもかけておくといいでしょう。