スバルレガシィB4や三菱エクリプスクロスなど…実力はあるのに惜しくも不遇の名車5選

三菱 エクリプスクロス

「不遇」とは才能や能力は高いのに世間的に認められていない状態を指す言葉。クルマにとって世の中に認められていないことを、売れていないと仮定して、現在の販売ランキングでは下位に沈んでいるクルマの中から、素性の良いモデルをピックアップしてみよう。

文・山本晋也

Chapter
スバル レガシィ
スズキ バレーノ
三菱 エクリプスクロス
ダイハツ コペン
三菱 i-MiEV

スバル レガシィ

まず、スバルのフラッグシップである「レガシィ」に注目したい。セダンが「B4」、クロスオーバーSUVに「アウトバック」というサブネームが与えられているが、B4の存在感はかなり薄れているという印象を受ける。

たしかに2.5Lエンジンは、格下のフォレスターが直噴タイプとなっているのにも関わらずレガシィはポート噴射のままであるし、アイサイト・ツーリングアシストのような渋滞時にも車線維持を可能とした最新のADASも備わっていない。

こうしてカタログスペック的な部分で比べると、フラッグシップとしての物足りなさを感じるが、実際にハンドルを握れば、そのどっしりとした乗り味はたしかにスバル随一であり、フラッグシップにふさわしい。とくにAWDサルーンとしては国産車でもトップクラスの落ち着きがある。その存在に気付かずにいるのは惜しいといえる一台だ。

スズキ バレーノ

スズキといえば、インドへの進出が早く、同国の自動車市場においてトップシェアを確保していることから他メーカーよりしばしば秋波が送られている。そんなスズキがインドで生産、日本に輸入しているコンパクトカーが「バレーノ」だ。

彼の地では高級モデルに位置付けられるというバレーノは、3ナンバーサイズのボディを持ち、実際に乗り込んでも前後シートとも余裕たっぷり。とくに後席はコンパクトカーとは思えない上級感がある。1.0Lターボ(3気筒)と1.2L NA(4気筒)と2つのエンジンをラインナップするが、上級グレードはターボのほうで、レザーシートが標準装備となる。

デビュー当初はハイオク仕様だったターボエンジンもマイナーチェンジによりレギュラーガソリン仕様となり、ランニングコストの面でもスズキのコンパクトカーとしてふさわしいものへと進化している。

また、全車にミリ波レーダーを使ったAEB・ADASが標準装備されているあたりも「小さな高級車」といった雰囲気を高めている。スイフトの影に隠れてしまっているが忘れるには惜しいクルマだ。

<次のページに続く>
次ページ
三菱 エクリプスクロス