アメリカンスポーツカー!フォード・マスタングが大活躍する映画5選

ブリッド

アメリカンスポーツカーを代表する1台であるフォード・マスタング。日本では「大きなアメリカンマッスル」なイメージが強いかもしれませんが、アメリカではコンパクトな部類とされており、ポニーカーの元祖とも言われています。現地の若者に人気のポニーカーであるマスタングは映画にも数多く登場します。そんなマスタングが大活躍する映画を5つご紹介!

文・西川昇吾

Chapter
ニード・フォー・スピード
ブリッド
バニシングin60
60セカンズ
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

ニード・フォー・スピード

【ストーリー】
地元のストリートレースで天才と称され、自動車修理工場を営むトビーはライバルのディーノの依頼で未完成のシェルビーマスタングを仕上げる。トビーはシェルビーマスタングの発表会の際に「明日サーキットで時速370キロ出れば買う」というセレブのビルの賭けに乗り、翌朝マスタングに乗り込み時速376キロを記録。勝手にマスタングを持ち出し、ディーノの予定より高くマスタングを売り込むことに成功し、さらにトビーの弟分ピートの「あんたじゃ370は出ない」という発言に起こったディーノはマスタング売却の取り分を巡ってケーニグセグでのストリートレースを提案する。レース中ディーノはピートにわざと接触し、ピートは命を落としてしまう。そのトビーは事故の責任を負わされ、無実の罪で投獄される。仮釈放されたトビーはディーノへの復讐を誓い、ディーノも参戦する全米最大のストリートレース「デリオン」へ参加するため、ビルから条件付きでマスタングを借りアメリカを横断の旅へ出る。それを知ったディーノは懸賞をかけ、トビーを妨害しようとする…

【見どころ】
エレクトロニック・アーツ社のレースゲーム「ニード・フォー・スピード」シリーズを原作としているこのゲーム。アメリカ大陸を横断するというストーリーコンセプトは、2011年にリリースされた同ゲームシリーズ「The Run」と類似したところがあるかもしれません(映画の公開は2014年)。映画のストーリーはゲームシリーズを知らない人でも楽しめる内容となっています。基本的にはシェルビーマスタングが主役となる本作、アメリカンマッスルの雰囲気を残しつつ、モダンなテイストとなっているマスタングが何といってもカッコイイ!ラストのレースシーンには登場しませんが、その理由は本編をご覧ください。シェルビーマスタングやケーニグセグアゲーラの他にもレアなスーパーカーが数多く登場するのも見どころです!

ブリッド

【ストーリー】
サンフランシスコ市警の警部であるブリッドは、ギャングを裏切り証人となったロスの保護を命じられる。しかし、ギャングの金を横領していたロスはギャングのヒットマンに襲われ命を落としてしまう。事件に何か裏があると感じたブリッドはロスの保護を命じた上院議員に彼の死を報告せず、事件の捜査を始める…

【見どころ】
主人公ブリッドを演じるのは俳優であり、著名なレーシングドライバーでもあるスティーブ・マックイーン、そして監督のピーター・イェーツも元レーシングドライバーということもあって、カーチェイスシーンの撮影は実際の速度で撮影。CGなどが一切ない時代ながらド迫力の映像となっており、見応えは十分。サンフランシスコの坂の多い街中を、マスタングをはじめとするマッスルカー達がジャンプしながら駆け抜けていきます。

<次のページに続く>
次ページ
バニシングin60