最も小さなキャンピングカー「テントむし」とは?

2月1日から3日の3日間、幕張メッセで行われた日本最大級のキャンピングカーの祭典【ジャパンキャンピングカーショー2019」。その会場には多くの軽自動車をキャンピングカーへと架装した「軽キャンパー」が展示されていた。その中で「最もキャンピングカー」らしい1台を紹介しよう。

文/写真・栗原祥光

Chapter
最も小さなキャンピングカー「テントむし」とは?

最も小さなキャンピングカー「テントむし」とは?

テントむし(栗原祥光)

▶︎ポップがカラーリングがかわいいテントむし

鹿児島県に拠点を置く「バンショップミカミ」が今回出品したのは、ダイハツに軽トラック「ハイミゼット」をベースとした「テントむし」。軽トラックの荷台部分に居住スペースへと大幅に改造したモデルだ。

テントむし(栗原祥光)

▶︎テントむしの室内。本格的キャンピングカーではお馴染みのソファースペースが用意されている

室内を見ると、キャンピングカーではよく見かけるテーブルと対面座のソファー。大人4人が十分に座ることが可能だ。そしてテレビのほか、小さなシンクと冷蔵庫が備え付けられているので、室内でちょっとしたパーティーを楽しむことができる。

また1500Wのインバーターを搭載しているので、家庭用の電化製品を車内で利用できるのも嬉しい。

テントむし(栗原祥光)

テーブルを取り外せばフルフラットのベッドスペースが出現するほか、天井のポップアップルーフを広げれば、幅1100mm、奥行き1830mmの二段ベッドスペースが!大人4人が快適に車内泊できるという。

セカンドシートのレイアウトが選べるほか、オプションも充実。写真のモデルは税込みで400万円弱とのこと。ワンボックスカーをベースとしたキャンピングカーの半分位の価格となっている。

税金面ではもちろんのこと、高速道路料金やフェリーの利用料なども軽自動車料金なので、維持費はローコストなのが魅力。全国各地に取扱店があるので気になる方はチェックしてほしい。

小さくても大きな使い勝手が魅力の「テントむし」。キャンピングカーライフを楽しみたい方はぜひチェックしてみてほしい。