ジムニーの人気を超えられるか!? スズキの新型車スペーシアギアとは?

スズキ スペースギア 2018

2018年12月20日、スズキから新型車「スペーシアギア」が発表されました。ハイトワゴンのスペーシアをベースに、ハスラーのような遊び心をプラスしたという新しいコンセプトから生まれたスペーシアギアは、どんなクルマなのでしょうか?

文・赤井福

Chapter
ハスラー、ジムニー、スペーシアとなにが違う?
アウトドアにはもってこいのクルマ
ダイハツ ウェイクの後発?

ハスラー、ジムニー、スペーシアとなにが違う?

軽自動車の世界に新たな風を吹かせることに長けているスズキ。ワゴンRの時代から、つねに「ありそうでなかった」を具現化し、スマッシュヒットを飛ばしてきました。

今回のスペーシアギアも同様で、アクティブなスタイルと広い室内空間を融合したモデルとして登場しました。具体的には、ハスラーやジムニーといったアクティブなイメージを持つモデルは室内が狭くてファミリーカーとして使いにくい、でもスペーシアでは乗用車ライクすぎて心惹かれない。

そんな隙間のニーズに合致するのが、トールワゴンでもSUVでもない、スペーシアギアという存在です。

スペーシアギア 画像

アウトドアにはもってこいのクルマ

基本的にはオンロード向けのハイトワゴンですが、内外装ともにアウトドアを意識した装備を持っています。

まず外装は、全車標準装備のルーフレールやフロントデザインに採用されている樹脂パーツが、ハイトワゴン特有の生活感を消し去り、アウトドアで使い倒せる雰囲気を醸し出しています。スチールホイールに見えるアルミホイールも、こだわりの部分です。

内装は黒とシルバーを基本に、オレンジをアクセントカラーとして使っています。兄弟車になるスペーシアがベージュ系の優しい色使いなのに対し、配色と多少のデザイン変更で、ここまで力強さを出すことができるのは、見事のひと言です。

アウトドアで気になる汚れ対策もしっかりとされており、撥水加工のシート生地や、防汚タイプのラゲッジフロアとシートバックなど、濡れたり汚れたままでも、気にせず乗れるし積み込める配慮が行き届いています。

<次のページに続く>
次ページ
ダイハツ ウェイクの後発?