SUVタイヤはTOYO OPEN COUNTRY M/Tがイチオシ!北米テイストのワイルドトレッドパターンが男心を揺さぶる

PR

未だに衰えることを知らないSUVブーム。ただ、一口にSUVといっても本格的なラダーフレームを持ち、悪路も未舗装路もガンガン走破してしまうようなクロスカントリーSUVから、乗用車をベースにし、比較的高いロードクリアランスとアプローチアングルを持ったクロスオーバーSUVまでそのキャラクターはさまざまです。
そんな振り幅の広いSUVにしっかり対応するラインナップを持つのが、トーヨータイヤのSUV用タイヤブランドの「OPEN COUNTRY(オープンカントリー)」シリーズ。静かで快適な乗り心地を実現する都市型仕様のSUV専用タイヤから、本格的なオフロード走行にも対応できるように、オフロードレースからフィードバックされたノウハウを投入したものまで幅広いSUV車に対応する布陣を構えているのが最大の魅力なのです。

Chapter
日本生まれのアメリカ育ち?
見た目だけじゃないトレッドパターン
街乗りのあなたにも合うはず?適合は?

日本生まれのアメリカ育ち?

今回は、オフロード性能に特化した本格的なSUV用タイヤである「OPEN COUNTRY M/T(オープンカントリーM/T)」をご紹介いたします!
実はこのオープンカントリーM/TはコアなクロスカントリーSUVファンには知られた存在であり、以前からユーザーからの要望に応じて海外輸出仕様品を限定的に出荷してきたというスペシャル感溢れるタイヤだったのです。しかし、昨今のSUVブームの高まりも考慮して、オフロード走行を好むユーザー向けにサイズラインナップを充実し、国内の商品カテゴリの一つとして展開を開始したというわけなのです。

見た目だけじゃないトレッドパターン

オープンカントリーM/Tは、そのアグレッシブなトレッドデザインに注目しがちですが、このトレッドパターンは見ためのインパクトだけではなく、しっかり機能面でも高い実力を備えています。たとえば、耐石噛み性能や排土性を考慮した形状のストーンイジェクターや、両方向に段差を設けたブロック形状であるスタッガードショルダーでオフロード性能を向上させ、トラクション性能および編摩耗を考慮したブロック形状のテーパーブロックではオフロードとオンロード両方の性能を向上させ、ウェットトラクションやブレーキ性能に寄与するディープサイプを採用することでオンロードまでも向上させているという非常に欲張りなタイヤとなっているのです。

もちろん、オフロードタイヤとして大切なタフネス性も高められており、耐外傷性を高める高強度サイドウォールコンパウンドやバットレスデザイン、3プライハイターンアップ構造(15インチを除く)や、高硬度ビードフィラー、高強力スチールベルトなど、過酷なオフロードレースで培われたノウハウも余すことなく採用されています。

街乗りのあなたにも合うはず?適合は?

ゴツゴツしたルックスが特徴であるオープンカントリーM/Tでありますが、実はユニフォーミティ(均一性)が優れており、オンロードでの快適性もないがしろにされていないのも魅力のひとつとなっています。
気になるサイズは15インチが2サイズ、16インチが7サイズ、17インチが1サイズの計10サイズで、SUVからピックアップトラックまで、多くの車両にマッチするサイズがラインナップされています。該当する車種をお乗りのユーザーは、高い走行性能はもちろん、ドレスアップ効果もバツグンのオープンカントリーM/Tを次のタイヤの候補にしてみてはいかがでしょうか?