日産自動車から新型クロスオーバーEV「アリア」発表!メカニズム・スペック・グレード・販売時期を紹介

日産自動車は2020年7月15日に新型モデル「アリア」を発表しました。アリアは、日産初のクロスオーバーEVです。単純に新しいジャンルというだけでなく、メカニズムを中心として日産クルマ作りの新時代へのスピリットが現れたモデルとなっています。このアリアから日産のブランドマークも新しくなり、新開発のEV専用プラットホームが採用されました。まさに日産の新時代の幕開けを飾るモデルと言えます。

Chapter
日産 アリアの先進的なメカニズム
日産 アリアの運転支援システム
日産 アリアのコネクテッドサービス
日産 アリアの広い室内空間とインテリア
日産 アリアのエクステリアデザイン(外装)
日産 アリアの販売時期やグレードは?

日産 アリアの先進的なメカニズム

アリアは今回新たに用意されたEV専用プラットホームとパワートレインによって、世界のEVモデルの中でもトップクラスのスペックを誇ります。

まずは航続距離、アリアはWLTCモードで610kmという一般的なガソリン車並みの航続距離を誇っています。急速充電を使用した際も30分で最大375km分充電可能となっており、日常で航続距離に不満が出ることは少ないでしょう。

次に加速性能、0-100km/h加速タイムはトップグレードで5.1秒というスポーツカー並みの俊足を誇ります。パワフルな走りをどこまでも味わえるモデルなのです。

これらの高性能を実現したのは新開発のモーターとバッテリーです。まずバッテリー電気自動車では今までなかった水冷での温度調整システムを採用、これにより気候に関係なくバッテリーの性能をフルに発揮することができます。

そしてモーター、以前のモーターよりもコンパクトになっていて、EVが苦手とする高速巡航時の消費電力低減を実現しています。また、新たに用意されたAWDシステムe-4ORCEも見どころと言えます。

日産がGT-Rなどで培ってきたAWDシステムとEVシステム両方のノウハウを融合させたもので、前後のトルク配分を適切にコントロールし4輪のブレーキを個別に制御することを実現。これによりあらゆる走行状況でもドライバーが安心して運転することを実現しています。

また、すでにリーフなどで採用されているe-Pedalも採用されていて、アクセルペダルのみで発進から停止までを操作できます。

日産 アリアの運転支援システム

日々の運転での疲労を少なくしたり、室内をより快適で豊かな空間にしたりする各種先進システムもアリアの魅力的なポイントです。

まずは運転支援技術、すでに現行の日産車に採用されているプロパイロット2.0をアリアにも装備。これにより高速道路での同一車線内ハンズオフ走行を可能にしています。また、アリアでは新たに準天頂衛星システムによる、より高精度での自車位置把握を可能にしています。

そして駐車可能スペースを検知し、自動で駐車を支援するプロパイロットパーキングも装備しています。これに加えて車外からの操作で駐車する機能であるプロパイロットリモートパーキングも設定、これにより狭いスペースの駐車時にも乗り降りが用意に可能となります。

日産 アリアのコネクテッドサービス

コネクッティドサービスはアリアとオーナーが今までの自動車以上につながることができるものとなっています。

Amazonが提供する音声サービス、Amazon Alexa(アマゾン アレクサ)が搭載されていて音声操作だけでルートの設定や音楽の再生はもちろん、通話や天気予報の確認も可能となっています。

そして車に乗っていない時でも繋がれるのがアリアのコネクッティドサービスの特徴となっていて、スマートフォンでアリアのバッテリー残量を確認したり、事前にルートを設定したりすることができます。そしてルート設定時には必要であればバッテリー充電スポットを経由地に自動で追加してくれます。

また、自宅がスマートホームデバイスなどに対応していればアリアの室内から自宅の照明やエアコンの操作をすることが可能となっています。

日産 アリアの広い室内空間とインテリア

ラウンジをテーマとしてデザインされたアリアのインテリア(室内)は広々としているのが魅力です。コンパクトになったEVパワートレインにより、見た目以上の室内空間を確保することが可能になりました。また、フラットなフロアを実現しより広い印象を持たせるインテリアとなっています。

またシンプルながら未来的なインテリアも特徴的です。運転席に座り込むと2つ並んだ12.3インチのディスプレイが目に入ってきます。センターのディスプレイはスワイプ操作が可能で直感的に操作できます。

そしてセンターディスプレイ下には木目調のインテリアが広がります。ここではエアコンなどが操作可能となっていて、物理的なスイッチはもちません。しかしながら実際にタッチすると操作触感が再現されており、未来的なデザインだけでなく扱いやすさも配慮したものとなっています。

また、シートやステアリングだけでなくコンソールも前後調整可能となっていて、より快適な移動空間を実現します。

日産 アリアのエクステリアデザイン(外装)

2019モーターショーで発表されたコンセプトに近く、EVの静かで力強い走りをキーコンセプトとしてデザインされています。

印象的なグリルは日本の伝統工芸である組子からインスピレーションを得たもので、そこにLEDで輝く日産の新しいロゴマークが装着されます。そして薄くデザインされたLEDヘッドライトと日産のデザインシグネチャーであるVモーションが組み合わされており、まさに新時代の日産の顔と言えるデザインになっています。

日産 アリアの販売時期やグレードは?

気になる販売時期は2021年中頃と発表されています。現時点で分かっているグレードは4つ、大きく2WDモデルとe-4ORCEシステムを有するAWDモデルに分けられていて、それぞれに65kWhと90kWhのバッテリーが用意されます。基本的なスペックは以下の通りアナウンスされています。

2WD 65kWh
航続距離:最大450km
0-100km/h加速:7.5秒
最高出力:160kW
最大トルク:300Nm

2WD 90kWh
航続距離:最大610km
0-100km/h加速:7.6秒
最高出力:178kW
最大トルク:300Nm

4WD 65kWh
航続距離:最大430km
0-100km/h加速:5.4秒
最高出力:250kW
最大トルク:560Nm

4WD 90kWh
航続距離:最大580km
0-100km/h加速:5.1秒
最高出力:290kW
最大トルク:600Nm

今回発表されたアリアは、日産が持つ技術を全て注ぎ込んだという印象を受けます。航続距離などに代表される各種スペックはもちろん、未来の自動車と表現しても過言ではないコネクテッドサービス、そして新しいロゴの採用などから日産の力の入れようが伝わってきます。

世界に誇る電気自動車と言えるスペックと利便性そして先進性を持つアリア、金額は約500万円からと言われているこのモデルが今後どのような影響をEV市場に与えるか非常に楽しみです。