ゴルフ

雨の日のゴルフを楽しむために~装備と心得~

ゴルフ 雨

基本的な準備

靴下

・ゴルフ用レインウェア(持っている方は)
・傘(ゴルフ場の傘でも可)
・着替え シャツ2枚・ボトムス2本・下着2枚
・靴下 3足以上

着替えは、ハーフターンでも着替えられますので、お忘れなく。また、靴下は重ね履きもできますので、たくさん持って行ってください。

ちょっと上級者の準備

タオル 複数枚

蒸しタオル

グリップや手を拭くのに、何かと便利なタオル。キャディ付きの場合、キャディさんが用意してくれると思いますが、セルフの場合はそうはいきません。

ゴルフ場のトイレからたくさん持ち出す方がいますが、迷惑行為ですし、スマートでありません。できれば自分で用意しましょう。

替えの手袋 できるだけ

上級者は必ずたくさんの手袋を持ってきます。たくさんはなくても、せめてハーフで取り替えると、気分が違いますよ。

軍手

実は筆者は試したことがないのですが、年輩のプレーヤーにお伺いすると、「ツブツブの付いた100均の軍手」が一番雨の日に滑らないのだそうです。プライベートラウンドで、見た目も気にしない!のであれば、やってみる価値ありかも、です。

防水スプレー

これは相当使えます。ウェアにスプレーすれば、多少の雨は弾きます。靴も、水の浸入をかなり遅らせることができます。キャップにするのもいいですね。

また、レインウェアや傘にスプレーしても、さらに防水効果がアップしますので、使用しているうちに効果が薄れてきた、雨用品にもぜひ使ってください。

ただ、スプレーしてから完全に乾かさないと効果が薄いので、前日に準備しておくのがベターです。※大事な素材には、目立たないところでシミにならないか試してから、スプレーしてください。

雨対策をしているのと、していないのでは、確実に快適さに「差」が出ます。ゴルフはメンタル面がスコアに直結しますので、準備もゴルフの1つと思いましょう。

雨の日のラウンドの心得

雨の日はボールが飛びません。しかも地面が柔らかくなってくるので、ランも出ません。ですので、いつもより1番手あげて打ちましょう。

雨の中、湿ったガードバンカーに入ると悲惨です。グリーン上のボールは止まりやすくなっていますから、悩んだら、上の番手で打つことをおススメします。

さらに、レインウェアやウィンドブレーカーなどを着ていると、いつもより体が動かしにくくなります。

ダフリも、トップも、雨の日は特にひどい結果になってしまいます。無理に動かそうとせず、ハーフスイングでいきましょう。雨攻略として、これだけでも十分に効果がありますよ。

雨が降っていることを受け入れる

一番大切なことは、雨が降っている現状を受け入れることです。「あぁ、雨が降ってなければいいのに」「早く止まないかな」と思っていると、せっかくのゴルフが楽しくありません。

もう雨は降っているのですから、ラウンドが楽しくなるように考えましょう。

いつもと同じゴルフを心がけるのではなく、今日は「雨の日のゴルフ」するをという意識を持つと、いいと思います。

スコアがまとまってくると、不思議と雨が気にならなくなります。そうなってくれば、あなたの勝ちです。

終わりに

一年間で1mm以上の雨が降る日数は全国平均で約120日だそうです。つまり、3日に1日は、多少なりとも雨が降るという事ですね。

そう考えると、雨の中のゴルフは相当な確率でやってきます。ぽつぽつのにわか雨は問題ありませんが、雨が強く降ってきたと思ったら、「雨の日ゴルフ」に気持ちを切り替えて、楽しんでください。

ゴルフのラウンドで気を付けるべきマナー五か条はコレだ!
これだけはおさえたい!ゴルフ初心者が100切り達成するためのお役立ちアイテム3つ

-------------------------
文・文・rinokam【ゴルフィ公式ライター】
某トーナメントコースでのキャディ歴10年で1万人以上のゴルファーを観察。ゴルフの面白さを、キャディとゴルファーの両目線でお伝えします。

(提供元:golfee

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives