ゴルフ

ティーショットを向上させる5つのコツ|飛ばすことより正確性を!

1. ティーショットの基本

ゴルフ

ティーショットの基本は”次打を打ちやすい場所にボールを飛ばすこと”です。

飛距離を稼ぐことも重要ですが、遠くに跳んだとしても打ちづらい場所にボールが行ってしまっては意味がありません。

飛距離だけでなく方向や安定性も考えて打つことがより良いティーショットに繋がります。

2. ティーの位置と視界の関係

ゴルフ

ティーをセットできる場所は重要なポイントです。同じホールでも右から見るのと左から見るのとではコースが全く違って見えます。

飛ばしたい位置が良く見えない状態で打ったティーショットが理想通りに飛ぶはずがありません。飛ばしたい方向が良く見える位置にティーをセットするのが基本です。

例えばコースの右側にフェアウェイ、コース左側にNGゾーンが広がるコースの場合、右側にティーをセットしてしまうとNGゾーンを見ながらショットすることになってしまいます。この場合はティーをできるだけ左側にセットし、フェアウェイ方向の視界を十分に確保して打つのが正しい選択です。

何も考えずにティーを常に真ん中にセットして打つ人は少なくありませんが、ティーの位置次第でコースの見え方は大きく変わってきます。

たった数メールの違いですが、左右を広く使い分けることでティーショットの難易度は格段に下がります。

3. 持ち球を理解する

ゴルフ

ゴルファーにはそれぞれ持ち球というものが存在します。持ち球とはその人の個性を反映した球筋を表す言葉で、意識せずにショットしたときに球がどのように飛ぶのかを示しています。

フック気味あるいはスライス気味、ドローボールまたはフェードボールなどまっすぐにショットしたつもりでも微妙な癖によって個性がはっきりと表れます。

自分の持ち球がどのような性質なのかを知っておかなければティーショットを安定させることはできません。まずは試打を繰り返して自分の持ち球はどのような性質なのかを確かめましょう。

持ち球の癖を知っておけば、球筋を計算に入れたティーショットを打つことができます。

4. “叩く”ではなく”振りぬく”

ゴルフ

ティーショットでボールを飛ばそうという意識が強くなるととにかくクラブで強くボールを叩こうとしてしまいがちです。

ショットにパワーを反映させるのは間違った考えではありませんが、安定性を犠牲にしてしまうため返ってショットが乱れてしまいます。

より良いティーショットを打つために重要なのはボールを叩く意識ではなく、クラブを”振りぬく”意識を持つことです。ゴルフクラブというのは正しいスイングをすれば必ず飛距離が出るように設計されています。

余計な力を入れずにクラブを振りぬくことを重視してスイングすれば、飛距離も安定性も満足が行くティーショットを打てるようになるでしょう。

5. ドライバーにこだわらない

ゴルフ

ドライバーは最も飛距離が出るゴルフクラブですが、ティーショットだからといってドライバーにこだわる必要はありません。

飛距離を犠牲にしてでもコントロールを重視したティーショットを打ったほうが良いホールはいくらでもあります。

短めのホールならアイアンでティーショットを打つことも少なくありません。

豪快なドライバーショットが決まった時の爽快感は何物にも代えがたいものがありますが、ドライバーにこだわらず3番ウッドや4番ウッドも使いこなせるようになるとティーショットの精度がアップしスコアも上向きます。

まとめ

ゴルフ

“飛ばす”ことより”正確性”ですね。そして正確なショットにつなげるためのティーグラウンドの使い方、この2つはすぐにでも心がけることができますから、次回のラウンドから試してみてください。

ゴルフは常にティーショットから始まります。ティーショットのレベルを上げてスコアを向上させましょう。

(提供元:golfee

ゴルフィ ロゴ

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives