クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

アドミレイションのものづくりに対する哲学とは?

アドミレイションが多くのユーザーに支持されている理由

アドミレイション

クルマのカスタマイズは一般的なものとなり、幅広い人たちが愛車に何かしらのカスタマイズを施し、自分流を楽しんでいます。

最近では、新車購入時のオプションとして、さまざまなカスタマイズパーツが設定されていることも普通で、よりお手軽に楽しめるようになっています。一部の好き者だけが楽しむものだった時代とは違い、カスタマイズパーツも“特別なもの”ではなくなりつつあるのです。

そんなカスタマイズパーツを作るメーカーやブランドが数多く出現したのは1995年。車検制度の規制緩和によるものでした。しかし、それらの中には既に無くなってしまったところも少なくありません。

その中にあってアドミレイションが、高い人気を維持し続けていることには、明確な理由があります。

創業以来変わらない“高級感のある上質なもの”というコンセプト

アドミレイション

アドミレイションでは、これまで170以上ものモデルに対応した製品を世に送り出してきました。その始まりは、高級セダンをベースに上質感に満ち溢れるスタイリングを創り出すことからでした。

近年は、ワゴン、ミニバン系にモノ作りをシフト。最近では、SUV系も徐々に増えつつありますが、流行や人気の移り変わりによって手掛ける車種が変わっても、“高級感のある上質なもの”というコンセプトは創業以来変わらないポイントです。

その基本となるのが、信頼性の高さ。22年前のブランド創生期から、“高級感”や“上質”を重視。すべての製品が、国内で開発、生産されています。

現在販売されているものは、技術の向上などでクオリティはさらに高められており、カスタマイズに馴染みのない人でも違和感なく選べるものとなっています。

またトヨタモデリスタのパーツ開発・製作も、アドミレイションの信頼性を高めています。

多くのエアロパーツメーカーがある中で、アドミレイションがトヨタの純正オプションに選ばれているという事実は、洗練されたデザイン性の高さの裏付けであると同時に、それを選ぶユーザーには大きな価値も感じて頂いています。

そんなディーラーオプションによってアドミレイションを知り、本格的なドレスアップに目覚めていく、というユーザーも珍しくないのです。

ユーザーが”欲しい”と思える価値あるモノ作り

そして、カスタマイズパーツの基本中の基本“ユーザーが欲しくなる”アイテムを揃えいていること。

テーマやコンセプトの異なる8つのブランドラインのパーツは、エアロなどのボディパーツだけでなく、ホイールやインテリアにまで広がっています。

それにより、ユーザーがアタマを悩ませることなく、好みやカスタマイズのテーマに合わせて、ひとつの世界観で愛車をドレスアップすることが可能となっています。

高級感や上質などの基本的な部分と、「こんなクルマに乗りたい!!」と思えるようなカッコよさの追求は、すべてのブランドラインに共通するポイント。ブランドラインごとに異なるコンセプトが製品デザインにも反映され、独自の世界観が作り出されています。

そのため、車両乗り換えの際、同じラインの製品を選んでいる限り、ホイールなどを流用したとしても、その世界観を崩してしまうという心配がない。それもユーザーに喜んで頂いているポイントのひとつです。

もしもクルマのカスタマイズに興味があるなら、アドミレイションのホームページを一度チェックしてください。きっと、何かしら“刺さる”アイテムを見つけることができますよ。

この記事をシェアする

関連する記事