クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

車高調とダウンサスの違いとは?それぞれのメリット•デメリット

そもそも何のために交換するものか?

車高

チューニングカーと対局の思想として「ノーマル至上主義」というものがあります。

クルマというのはメーカーがテストにテストを重ねて「これが最適解」と考えて世に送り出している工業製品です。

であるからには、いたずらにユーザーが手を加えるのは、ただ金をかけてクルマの良さをスポイルするだけ、まさに邪道の極み、という考え方です。

その考え方には一理あります。

実際問題として、深く考えもせずに安易なパーツ交換をした結果、見た目が少しばかり違うだけでいい事が無いクルマなどザラにあるのですから。ただ、ドレスアップとして捉えた場合はそれもまたアリです。

一方チューニングはもっと複雑で、「売っているツルシをポンづけ(ただ装着するだけ)でセッティングのセの字も無いのがユーザーだけならともかく、ショップの側でもただマニュアル通りにアライメントを取れば『異常なし!完成!』」とするところが多すぎるように感じます。

そう考えた場合、ドレスアップはともかく、ことチューニングで言えば、マトモなチューナーに巡り合わない限りは「ノーマル至上主義」に軍配が上がると考えます。

そうした観点から、それぞれの足回りチューニングと、そのメリットデメリットをご紹介しましょう。

手軽なダウンサス

まず一番手軽かつ、その割に効果を体感しやすいのがダウンサスです。

要するにサスペンションの中でもショックアブソーバーはそのままにバネ(スプリング)のみ交換する、お手軽チューン。

車種によっては逆に車高を上げるアップサスがあるくらいで、適応車種に装着している限りにおいては、「性能のバランスを崩さない程度に最適化」が主目的となります。

ドレスアップ面では対応車種が明確な、出処に問題の無いサスを使っている限り、極端なエアロでも組まない限り実用性を損なう事は無いでしょう。

チューニングとして考えた場合でも、適度に車高が下がって重心が降下するのはその走りに望ましい影響を与えます。

おおむね、「その車種に対応」した製品を使う限り、おおよそデメリットは生じにくい、誰にとっても意味があるチューニングと言えます。

場合によっては純正ショックにヘタリが出たので、ついでにKYB NEW-SRに代表される「ノーマル+α」程度のショックアブソーバーを使い、「スーパーノーマル」的な発想で組むところまでは間違いありません。

注意しなければいけないのは「サイズが合えば何でもいい」という考え方で、確かに適度に遊ばず線間密着(ショックが底づきする前にバネが全て密着してストロークが制限される)も無い程度の自由長があり、受け皿に対して径が合えば、何でも装着はできます。

場合によっては純正形状のショックアブソーバーに車高調用の径が小さいバネを装着する事もできますが、それら全てはアフターパーツメーカーによって「未知の世界」なので、ユーザーが取っ替えひっかえして最適解を探す他ありません。

世のクルマ好きの中にはやたらとバネを持っている「バネ持ち」がいますが、そうした試行錯誤の名残ですね。

次ページ本当にいい足周りは感動する

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事