クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

マフラーエンドの形状によって排気性能は変わるのか?マフラーと排気性能の関係は?

マフラーと排気性能

マフラー

マフラーの排気性能は、その形状によって大きく異なります。スポーツマフラーは、音や見た目だけでなく、相応に排気効率を上げてくれます。しかし、この排気効率が上がる、ということをどう評価するか、は別の問題。

またスポーツマフラーを付ければ必ずしも速くなる、というものでもありませんよね。中にはエアロパーツなどと組み合わせた「見た目」を重視している物もあり、決して排気効率が上がっているわけではないマフラーも存在ます。車いじりの初歩でありつつも非常に奥が深いマフラー。ではその性能変化についてみてみましょう。

マフラー径を大きくするとどうなるのか?

まず、純正状態で着いているマフラーは、搭載されているエンジンの排気効率や走行などに適したものが装着されています。一般的に、マフラーの径は大きくすれば排気効率が上がります。これはスムーズに排気ガスが外に出て行ってくれる一方で、低回転域は抜けやすくなる事も意味します。

スポーツマフラーに変えると燃費が悪くなるということが言われることがありますが、これは、低回転域で排気ガスの抜けが良くなり、抵抗がなくなりますので、スムーズに排気されすぎるという事になります。その為、発進、加速時によりアクセルを踏み込むことになりますので、燃料を余計に使います。

しかし、抜けが良くなりますので高回転は伸びます。高回転まで回すと非常に気持ちよく、回転上昇もスムーズになるのです。基本的に、各メーカーはこの回転上昇をどのようにスムーズにしていくのかを重視した設計をしています。

ポイントはレイアウトとタイコの部分

全く抵抗のないまっすぐなマフラーでは、下が抜けすぎてしまいます。下が抜けすぎず、上は気持ちよく回る、そのようなマフラーを作るべく各メーカーパイプの曲げ方やレイアウトなどを考えています。

基本的に「マフラーを変える」ことは、エキゾーストマニホールドや触媒などは含んでおらず、触媒の後からテールエンドまでを意味すると考えます。シャーシの下を這うように取回されるパイプ。しかし、これもシャーシ下にはミッションやプロペラシャフトなどが入りますので、自由に取回せる訳ではありません。制約の多い取回しの中で、パイプの曲がり方を工夫し、排気効率を高めていくのです。

次にポイントとなるのが、おおよそエンドの直前にある「タイコ」の部分。この部分はグラスウールなどを詰めてあり、最後の消音ポイントでもあるのですが、この部分をどのような形状やサイズ、あるいは消音効率にするのかで、大きく性能は変わってきます。

いわゆる砲弾型のマフラーなどでは、非常に抜けがよく音も大きくなる傾向にありますが、純正のようなタイコの形状で消音効率は高めつつも排気効率も上げているものもあります。マフラー性能は、パイプの部分とタイコの部分でおおよそ決まってくるのです。

“エンド”の形状だけでは性能は変わらない

結論としては、マフラー“エンド“だけで性能が大きく変わるのかと言うと、そうでもありません。やはり、タイコまでの性能がすべてであるといえます。

例えば、砲弾型のテール形状と言うのは、タイコの部分も砲弾型に引っ張られますので、これと純正形状では性能は違うのですが、同じ純正形状のマフラーであれば、テールパイプがダブルでも、シングルでもそこに性能差は無いでしょう。

ただし、片側か左右かという面では違いは出るものと考えられます。特に、V型やボクサーエンジンなどは、実質的にエンジンブロックが左右に分かれており、エキマニも2方向から出ていますので、片バンクずつマフラーを配置するという方法もあり得ます。

ただ、これが2000cc程度などの排気量が小さい場合は1本に統合してしまい、低速トルクを稼ぐというのも方法の一つと言えるでしょう。

いずれにしても、テールが左右二本になるのと片側一本になるのとでは、性能差は生まれますが、タイコの後ろのエンドの形だけでは、大きく性能は変わらないと考えるのが妥当です。

一時期はマフラーレスというか、エンドをバンパーの中に隠してしまい、テールを下向きに出してすっきりと見せるという方もおられたかもしれません。17系クラウンや、20系セルシオなどはこの年代でした。現在では、再度マフラーエンドのテール形状は、車のキャラクターとして、デザインされるようになってきました。

最近のバンパー組み込み型は、あくまでデザインだけで、懐中電灯などを照らすと中には昔ながらのパイプが見えることがあります。あくまでかぶせただけ、と言う事ですね。また、左右二本出しだけでなく、センター出しなども市販車に設定されるようになってきました。センター出しはレクサスLFAやパガーニ・ゾンダなども採用しております。

エンドを交換するだけであれば、あまりうるさくなることもありませんので、ここは是非いろいろ選びたいですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事