クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

なぜマフラーを換えるのか?マフラー交換のメリットとデメリット

そもそもマフラーの役割とは?

マフラーとは、クルマの排気管の一部で、消音効果をもたらす装置でサイレンサーとも呼ばれています。おもに車のリアバンパーの下にある金属製でできている太い筒状のものですね。

一般的にマフラーは、エンジン型式や排気量に応じてサイズや形状が異なります。燃焼と爆発を繰り返すエンジンからの排気ガスを外に出すための最終経路となり、音を消す役割を担っているために、エンジンにあったサイズになっているわけです。廉価モデルや古い車種の純正マフラーはスチール製が多く、長く使っているとサビて穴が空き、排ガスが漏れることがあります。

スポーツカーやスーパーカーだと、ステンレス製やチタン製など高価な素材を使っているために、サビに強く、見た目や排気音も迫力があってカッコいいですよね。

マフラーを交換するメリット

【その1】素材を選べる
マフラーを交換する際にはサビに強いステンレスや、お値段は少々高くなりますがインコネルや軽量で高強度のチタン素材を選ぶことができます。これらは、見た目やサウンドの違いも歴然です。

【その2】パワーアップが期待できる
排気効率を求めてマフラー交換する人は多いと思います。キャタライザーより後ろのパーツであるマフラーを交換するだけでも、排気効率は確実にアップします。ただ、排気効率がアップすれば絶対に良い結果が得られるというわけではなく、なかには音が大きくなっただけで、パワーダウンしていると感じてしまうマフラーもあるのでメーカー選びは重要ですね。

【その3】ドレスアップ効果がある
マフラー(テールエンド)の見た目も、ドレスアップの観点から考えると意外と重要です。大径の真円形状や楕円形状、デュアルタイプなどテールエンドに変化をつけることができ、リアビューに個性を持たせることができます。
エアロでかっこよくキメても、純正マフラーがついていたら、ちょっと残念……ですよね。

【その4】好みのエキゾーストサウンドをゲットできる
マフラーは消音効果があるために、マフラーを換えれば、当然ですが音も変わってきます。メーカーのウェブサイトでは、エキゾーストサウンドを聞けるところもありますし、YouTubeなどの動画サイトでも聞けるものもあるので、イメージ通りなのかをしっかり確かめてみましょう。

R35 GT-Rのマフラー交換

マフラー交換のデメリット

マフラー

交換したことで排気音が大きくなる場合があるので、住宅街で夜中に車を使用する場合は注意したほうがいいでしょう。音量によっては近所迷惑になることも。

排気効率を狙って交換する場合は、単にパイプ径を太くしたモノのもあり、排気が抜けすぎて中低速がスカスカになる可能性もあります。また、エアロ交換をする場合、テールエンドの形状をエアロに合わせないと、かえってカッコ悪くなってしまうこともあります。

JASMA基準をクリアしたマフラーなのはもちろんですが、見た目や値段だけではなく、自分の好みや方向性があるのなら、プロに相談して決めるのが間違いありませんね。

最後に、F1のエンジン音を目指してマフラー音を調律しているレクサスLFAの「天使の咆哮」と呼ばれるサウンドパフォーマンス動画をどうぞ!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事