ハイグリップタイヤのメリットとデメリットは?

タイヤ

ハイグリップタイヤとは、その名の通り、「高水準で路面をガッチリと掴むタイヤ」のこと。スポーツ走行もできますし、素早くしっかり停まるタイヤなので安全性も抜群です。
しかし、価格は同じサイズのローグリップタイヤよりもかなり高額になります。ハイグリップとローグリップ。違いはどんなことなのでしょう?

Chapter
ハイグリップタイヤのブランドはどんなもの?
ハイグリップタイヤのメリットは?
ハイグリップタイヤのデメリットは?
ハイグリップタイヤにもいろいろあります。

ハイグリップタイヤのブランドはどんなもの?

タイヤのカテゴリーは大きく分けるとスポーツ走行向きの「スポーツタイヤ」と乗り心地を重視した「コンフォートタイヤ」になります。ハイグリップタイヤとはスポーツタイヤと意味を同じくするタイヤでタイヤメーカー各社の最上級モデルに位置付けられ、お値段もトップレベルです。具体的なブランド名では、

・ヨコハマタイヤ ADVAN (アドバン)
・トーヨータイヤ PROXES(プロクセス)
・ダンロップ DIREZZA (ディレッツア)
・ブリヂストン POTENZA(ポテンザ)

などのタイヤがハイグリップタイヤのブランドとなります。

ハイグリップタイヤのメリットは?

一番の違いは、その高いグリップ力です。グリップ力とは路面をつかむ力のこと。

つまり、速いスピードからでもしっかり止まり、しっかり曲がる性能、剛性が優れているということです。急ブレーキをかけたときに制動距離もローグリップタイヤとは大きく異なります。また、ハイグリップタイヤのほとんどが「独特のトレッドパターン」(タイヤ接地面のデザイン)を持っています。このデザインに魅力を感じる人も少なくないようです。

<次のページに続く>
次ページ
ハイグリップタイヤのデメリットは?