最高時速235キロ!爆走したサラリーマン逮捕!過去最高速の検挙例

日本最高記録135km/hオーバー!

オービス

2018年3月1日、警視庁は中央高速道上り車線を135kmオーバーで走行したとして、東京都世田谷区在住の会社員を逮捕しました。

逮捕容疑は2016年1月29日午前4時15分ごろ、東京都国立市の高速道路上り線を時速235kmで運転。スピード違反による検挙例としては過去最高速度とのことです。

車両は、フロントのナンバープレートが外されていたようですが、オービスに撮影された画像には、中指を立てる運転手が撮影されていたとのこと。

犯行に使用された車種はアメリカンマッスルカーとして日本国内でも人気の高い3代目ダッジ チャレンジャー。外装色はグリーン。この派手なスポーツカーは、少なくとも5回、オービスに撮影されていることが判明しており、警視庁は余罪と合わせて追求する方針です。

ダッジ チャレンジャーとは?

ダッチ シェイクダウン チャレンジャー

とんでもない事件に使用されてしまったダッジ チャレンジャーですが、犯行に使用されたチャレンジャーのグレードまでは不明です。ただしテールライトの形状から、2015年のマイナーチェンジ以前のモデルだと思われます。

しかしベースグレードで186kW(250hp)、トップモデルのSRT8(2011年〜)では、351kW(470hp)を発揮し最高速度は270㎞/hに達します。仮にSRT8であれば、235km/hまで到達するのは容易だったことでしょう。

ダッジ チャレンジャーは1970年に初代モデルが登場しました。ライバル車はフォード マスタングで、低価格でかっこいいポニーカーとして誕生しました。日本でいえばスペシャルティーカーです。初代モデルは大ヒットしますが、市場の縮小とともに1974年に生産終了。

1978年に登場した2代目は、三菱 ギャランΛ(ラムダ)の北米仕様で、初代モデルとはまるで関係ないモデルになります。初代と比べ小排気量低パワーのエンジンで、パフォーマンスの低下が顕著でした。1983年、後継のダッジ コンクエスト(三菱 スタリオンの北米仕様)の登場によりモデルライフを終えます。

2008年に復活した現行型3代目モデルから、アメリカンマッスルカーと呼ぶに相応しいハイパフォーマンスを手に入れます。現行の2018年モデルの頂点に立つエンジンは、6.4LスーパーチャージドV8で、最高出力527kW(707HP)、最大トルク881Nm(650lbf-ft)をそれぞれ発揮しています。

交通違反が暴行罪に!

フロントのナンバープレートを外していたことで、検挙を逃れられると思っていた容疑者ですが、じつはこれまでにも似たような事案はいくつもあり、警察はその都度、ドライバーやライダーを特定し、検挙しています。やはり悪いことはできないということですね。

2017年以来、煽り運転や無謀運転が社会問題になりつつあります。これまでだったらやり過ごすしかなかった危険運転ですが、ドライブレコーダーの普及により、犯人特定が可能になってきています。

ニュース報道によると警視庁は2018年に入り、危険運転に対し道路交通法だけでなくいかなる法律を用いてでも検挙するように通達を出したとのこと。今後、煽り運転などの危険運転は車を用いた暴力行為とみなし、暴行罪を適用する方針です。

今回の時速135kmオーバーも道路交通法による速度超過違反だけでなく、余罪次第では刑法による罰則が与えられる可能性もあります。

自動車はルールとマナーを守ってこそ、他の車両や通行人に危害を与えず運転を楽しめるもの。自分勝手な運転をすることが、楽しい運転ではないのです。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives