クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

【東京オートサロン2018】ローダウンもリフトアップも!オーナーのテイストに合わせたJAOSのモディファイ

あえてローダウン...洗練を高めるJAOSのプラド

【東京オートサロン2018】JAOS
【東京オートサロン2018】JAOS

SUVといえばリフトアップするのもカスタムの定番ではありますが、ランドクルーザープラドのようなモデルだと、「あえてローダウン」することで、都市部でのSUVのカラーを高めることができる、そうしたモディファイを提案しているのがJAOS。

フロントにはハーフスポイラーも用意、求めやすいコストでプラドの洗練度を高めて欲しい、そんなコンセプトで開発したのだそう。これも都市部のSUVの在り方のひとつ、かもしれませんね。

リフトアップ&オーバーフェンダーで武装したC-HR&エクストレイル

敢えてローダウンしたプラドとは別に、リフトアップし、フロントにはバンパーガードを想起させる樹脂製のバンパースポイラーを配しているのが、JAOSの手掛けたトヨタC-HRと日産エクストレイル。

オーバーフェンダーにはブラックのリベット留め(実際にはダミーなので、ボディに穴あけ処理不要)のワイルドなアピアランスが奢られています。

ノーマル状態だとプラドよりもカジュアルなSUVテイストのある両車も、このようなカスタマイズでモダンオフロードSUV然としたスタイルになり、新たな魅力を見せつけています。

こうした多様性あるJAOSの提案は非常に興味深く、ひいては東京オートサロンに足を運びたくなる魅力、ではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives