フロントバンパーについているフタ状のモノ。開けたら何が出てくる?

正解は牽引フック

牽引フック

フロントバンパーの一部に設置されているフタ状のカバーを外すと、なかにネジ山が切られた穴があり、そこに牽引フックを取り付けます。

牽引フックとは、その名の通り車を引っ張るときに使います。牽引フックは、車体の前後に取り付けることができるもので、バンパーに取り付け穴のフタが無い場合は、車体の下側に装備されています。

この牽引フックを使わず、他の場所にロープを掛けて車を牽引すると、パーツの破損が生じてしまう場合があります。

小さなパーツではありますが、牽引フックとそれを取り付ける箇所は、車を引っ張れるほど頑丈にできているのです。

車を引っ張るには、牽引免許が必要?

牽引フック

車を引っ張るためには免許が必要と思った方がいるかもしれません。車の牽引は誰でもできるというわけではないのでしょうか?

公道で車両を牽引する場合、牽引される車両の総重量が750kgを超えると、けん引免許が必要になります。最近の車で750kgを切っている車なんて、一部の軽自動車くらいですよね。

ただし例外があり、故障車やスタックした車の救出など緊急を要する場合には、けん引免許の必要がありません。こういった場合は、普通免許でも牽引を行うことができます。

アクセサリーパーツとしても人気

牽引フックはボルト状になっており、車載工具にある牽引フックを取り付けて使用するようになります。特に工具も必要なく簡単に取り外しができるので、カスタムパーツとしての人気も高くなっています。

過酷な走行を繰り広げるレーシングカーでは、走行不能になった際に即座に移動できるよう牽引フックが取り付けられていますよね。そういったレースカーのイメージもあり、牽引フックはドレスアップのためのパーツとしても人気です。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives