今年はヤマハのバイクが受賞。オートカラーアウォード、知ってますか?

オートカラーアウォードとは?

マツダ ロードスター RF 「VS」 マシーングレープレミアムメタリック

1998年より開催されているオートカラーアウォードは、その年のもっとも魅力的なカラーデザインをまとった車両を選ぶコンテストです。

対象となるのは、前回大会の翌日から開催年度末までに発売された全世界の車両。評価には、外装のみならず内装、車両本体や部品の形状とのマッチングなども含まれます。

ちなみに2016年度の受賞車は、マツダ ロードスター RFのマシーングレープレミアムメタリック。「あの賞か!」と思い当たる読者もいるでしょう。

過去のオートカラーアウォード

1998年度:トヨタ ハリアー/スパークリングゴールドメタリック
1999年度:トヨタ ヴィッツ/ペールローズメタリックオパール
2000年度:マツダ ロードスタークリスタルブルーメタリック
2001年度:VW ルポ/ファンタシアグリーン
2002年度:日産 マーチ/パプリカオレンジ×シナモンとコミュニケーションカラー
2003年度:VW ニュービートル/ハーベストムーンベージュ&ブラックルーフ
2004年度:トヨタ クラウンマジェスタ/プレミアムシルバーパール
2005年度:日産 マーチ/チャイナブルー(ext:エクステリア)&アイスブルー(int:インテリア)
2006年度:日産 ティアナ/ミスティグリーン(ext)&ワイマラナー(int)
2007年度:日産 マーチ/サクラ(ext)&カカオ(int)
2008年度:ホンダ FCXクラリティ/スターガーネットメタリック(ext)&ウォームグレー(int)
2009年度:日産 フェアレディZ ロードスター/プレミアムディープマルーンパール(ext)&ボルドー(int)
2010年度:ホンダ CR-Z/ホライゾンターコイズパール(ext)&ブラック×シルバー(int)
2011年度:日産 スカイライン クロスオーバー/セラミックブルー(ext)&ブラウン(int)
2012年度:スバル XV/デザートカーキ(ext)&ブラック(int)
2013年度:レクサス IS300h/ソニックチタニウム(ext)&トパーズブラウン(int)
2014年度:スズキ ハスラー/パッションオレンジ×ホワイト2トーンルーフ(ext)&パッションオレンジ×ダークグレー(int)、
サマーブルーメタリック×ホワイト2トーンルーフ(ext)/ピュアホワイト×ダークグレー(int)、キャンディピンクメタリック×ホワイト2トーンルーフ(ext)&ピュアホワイト×ダークグレー(int)
2015年度:スズキ アルトラパン/フレンチミント3トーン(ext)&グレージュ×キャメルシートファブリック(int)、コフレピンク3トーン(ext)&グレージュ×ベージュシートファブリック(int)、フォーンベージュ3トーン(ext)&グレージュ×ブラウンシートファブリック(int)
2016年度:マツダ ロードスター RF/マシーングレープレミアムメタリック(ext)&オーバーン(int)

2016年、最もカラーデザインが良かった車は?「ロードスターRF」グランプリ受賞!

次ページ2017年度グランプリはヤマハのMTシリーズ!受賞理由は?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives