レクサスやGT-Rなどに標準装着!ランフラットタイヤのメリット・デメリット

ランフラットタイヤはすぐにはパンクしない?

日産 GT-R

通常のタイヤは、パンクすると内圧が下がり、走行が困難となります。しかしランフラットタイヤは、パンクして空気圧がゼロになっても、所定のスピードで一定の距離を走行することができます。たとえば、ブリヂストンの製品であれば、時速80km/h以下で80kmの距離が走行可能です。

一般的な市販車には、それまでパンク時に交換するためのスペアまたはテンパータイヤ装備が必須でした。ところがランフラットの登場によって、スペアタイヤを搭載するスペースを他の用途に使えることになり、デザインの自由度は上がりました。

またタイヤ交換によって起こる二次災害を回避できるというドライバーの安全確保も指摘されています。

ランフラットタイヤの仕組みは?

一般的なランフラットタイヤは、タイヤのサイドウォール部分を「サイド補強ゴム」で補強したサイド補強型です。これは、タイヤの空気圧がなくなった場合は、この補強ゴムが荷重を支える構造です。

また、ランフラットタイヤと言えどもパンクした状態で走行すれば、変形&発熱が起こります。それに対応するために、ランフラットタイヤは、ホイールとタイヤが接触するビード部分の強度を高めるビードフィラーに低発熱性のゴムを使用。そのビードは通常よりも太く設計され、パンク時にタイヤがホイールから外れることを防いでいます。

しかし欠点も…

パンクをしてもある一定の距離を安全に走行できるランフラットタイヤですが、タイヤがパンクをしてもドライバーが気づきにくいという欠点があります。

そのためランフラットタイヤ装着車には、タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム(タイヤ空気圧監視システム)が装備されます。これもランフラットタイヤの特徴のひとつです。

ランフラットタイヤのメリット・デメリット

では、ランフラットタイヤのメリット・デメリットをまとめてみましょう。

【メリット】
・スペアタイヤが不要
・トランクスペースなどが確保できる
・パンク後もしばらく走行できる
・軽量化による燃費の向上
・パンクによる事故(2次,3次被害を含む)の防止

利便性はもちろん、デザインや環境にも配慮されたタイヤだということがわかりますね。

【デメリット】
・乗り心地が硬い
・タイヤサイズが少ない
・価格が高い
・販売店舗が少ない
・原則としてパンク後の修理が出来ない

パンク修理に関しては、原則できないことになっており、もしパンクした場合は、即新品への交換となります。

次ページフェラーリ、BMW、レクサス、GT-R…ランフラットタイヤの装着車は?

この記事をシェアする

最新記事