インプレッサとランエボ…世界で勝つために造られた両者の決定的な違いとは?

スポーツ4WD、その元祖は?

ランチア デルタ HF

※写真はランチア デルタ HFインテグラーレ

そもそもインプレッサ、ランエボとも誕生した理由は、WRC(世界ラリー選手権)に出場するにあたり、戦闘力の高いマシンを追求したことでした。

曲がりくねったラリーコースを、身軽に駆け抜けられる小ささ、軽さ、コーナーの脱出速度と最高速を兼ね備えたハイパワーなエンジン、トラクションを無駄なく路面に伝える4WDが求められたのです。

まず1982年にアウディ クワトロが生まれました。同じグループBの時代、イタリアのランチアは、さらなる武器として「小さな車体」にターボ+スーパーチャージャーを備えたハイパワーエンジンを搭載し、4WD方式を採用したデルタS4を投入します。

しかし過激すぎたグループBマシンによる事故が相次ぎ、WRCは1987年から市販車をベースにするグループAで争われることなります。

このグループAで活躍したのは、ゴルフのライバルとして定着していたコンパクトカー、ランチア デルタに同社の高級セダン、テーマ用のターボエンジンと独自の4WDシステムを搭載したデルタ HF(インテグラーレ)でした。

その頃、国産のWRCカーは、トヨタ セリカ GT-FOUR、三菱 ギャラン VR-4、スバル レガシィRSなどのミドルクラスモデルであり、それぞれに善戦したものの、ランチアの牙城を崩すことは叶いませんでした。

なぜ小さくできなかったのか?

国産のWRCカーがミドルクラスだった理由はいくつかありますが、概ね価格と技術の問題に集約していいでしょう。

ハイパワーエンジンと4WDを搭載するとなると、相応の価格になってしまいます。事実、1989年に発売されたランチア デルタ HFインテグラーレ16Vの日本での新車価格は520万円もしたのです。

ところが、当時の日本のクルマ事情は「300万円ならミドルクラス。150万円ならコンパクトカー」といったように、価格とサイズが比例している必要がありました。

そのため、セリカもギャランもレガシィも、ラリーに勝つためには大きすぎるとわかっていながら、ベース車両をミドルクラスにせざるを得ない、小さなボディで作ることが難しい時代だったわけです。当時のラリーファンは、ランチア デルタの快進撃を歯痒い思いで見ていたものです。

ついに本腰を入れたスバル

スバル インプレッサ WRX 1992

※写真はスバル インプレッサ WRX

初代レガシィが思わぬヒットとなったスバルは、レオーネの後継車種となるコンパクトカーの開発が急務でした。そんななか、1992年に登場するのがインプレッサです。

もちろん、これはただのコンパクトとして作られたのではなく”WRCに打って出る”ことを強く意識して作られたものでした。

レガシィのプラットフォームをそのまま縮小、また低重心シンメトリカル4WDにEJ20型ターボエンジンという動力システムもそのまま引き継いだトップグレードがWRXで、1993年のシーズン途中からWRCに投入されました。

インプレッサ WRXは、濃紺の車体にスピードラインのゴールドのホイールを履き、1995年に初の世界チャンピオンを獲得します。

ランエボはスポーティグレードの進化版

ランエボ4

三菱には、もともとラリーを視野に入れたランサーEXターボという後輪駆動の小型車がありました。ランタボの愛称で親しまれた2代目ランサーには、輸出仕様(おもにヨーロッパ向け)として、2.0Lの4G63型エンジンを搭載した2000EXターボが存在し、1982年にはWRC1000湖ラリーで3位入賞を果たしています。

その一方で、日本では、1.8LのG62型積んだ1800ターボが発売。国内ラリーなどで活躍しました。

その後、1988年デビューの3代目ランサーに、1.6Lターボにフルタイム4WDを搭載したモデルをラインナップ。しかし、あくまでもスポーティモデルという位置づけで、本格的なモータースポーツに供するためのものとは言えませんでした。

ちなみに当時のWRCには、ランサーよりも大きなボディを持ったギャラン VR-4が投入されていました。

そこで三菱は、1991年にデビューしたギャランよりもコンパクトなボディの4代目ランサーに、白羽の矢を立てることになります。

ベースとなったのは、すでにラインナップにあったGSR。1.8Lターボ+フルタイム4WDのGSRに、ギャランVR-4で使っていた4G63型エンジンを換装し、ランサーエボリューションを誕生させます。デビューは1992年。奇しくも、スバルがインプレッサを発表した同じ年でした。

次ページ両車の違いは、基本設計にあった?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事