ゴールド免許を取れる人、取れない人の違いって?

ゴールド免許を取るための条件は?

運転免許証

運転免許証の色は、「グリーン」「ブルー」「ゴールド」の3種類があります。

まず、免許を取って最初に交付されるのが「グリーン」、3年後の更新時に「ブルー」になりますが、これは一般運転者・違反運転者も同様です。そして運転免許証の有効期間が満了する日の前5年間、無事故・無違反の優良運転者が「ゴールド」免許を交付されることになります。

その後も、免許更新時の前5年間に無事故無違反であれば、ゴールド免許を所持し続けることができます。

免許の有効期間は、ゴールドが5年、ブルーが3年、グリーンが3年となりますが、前5年間で軽微な違反(3点以下)が1回であれば、免許の色はブルーになりますが、有効期間は5年間となります。

ゴールド免許にはメリットがたくさん

ゴールド免許を取得するメリットはたくさんあります。

まず免許の有効期間が長い(5年間)こと。更新に行く頻度が減るのは楽でいいですね。さらに更新自体にかかる時間も通常は1時間ですが、ゴールド免許だと30分に縮小されます。

また、任意自動車保険の保険料も、3〜10%の割引(他に運転する家族がゴールドならさらに割引がある場合も)が受けられるのをはじめ、地域によっては車検代やガソリン、飲食店で割引を受けられることもあるそうです。

そんな魅力的なゴールド免許を取得するためには、無事故無違反が条件です。そのためにはどうすべきなのでしょうか?

次ページゴールド免許を取得するためにはどうすべき?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事