箱根駅伝に使われてきた伴走車・先導車を大調査!

こんな情報知りたい方いるのか?と何度も自問自答

はじめにお断りして置きたいのは、このお題を調べるにあたり、当初、筆者は「これ、誰が知りたいんだ?」「いたとしても相当マニアックだな」「自動車メディアとして必要か?」等、かなりネガティブな自問自答を繰り返しながら調査をしました。

ところが、一度手をつけて調べ始めると「きっと世のなかには、気になっている方がいるはず、自分が発信しなくては!」と、よくわからない責任感が生まれたことも事実。

その責任感に動かされて、ニッチと思われるお題の調査を行いました。

Step1:まずはトヨタ自動車のHPでサクッと検索

箱根駅伝 検索

今回は、箱根駅伝で活躍する伴走車・先導車についての調査です。

箱根駅伝に関わらず、さまざまな駅伝で、伴走車・先導車が存在しますが、いったいどういう基準で車を選定しているのでしょうか?

お題の箱根駅伝には、ここ数年トヨタ車が使用されています。そこで、トヨタ自動車のホームページで確認してみました。

トヨタ 駅伝 伴走車

トヨタ自動車は、2004年第80回大会より一部の運営車両を提供するなど大会運営の協力を始め、2011年第87回大会より協賛メーカーとして、各大学に配備される運営管理車他すべての運営車両を提供するようになったとのことです。

来年開催される第93回の箱根駅伝でも、トヨタ自動車の伴走車・先導車を見ることが出来そうですね。

選手の前方を走る先導車は、2015年から排気ガスの代わりに水を排出する燃料電池自動車のミライ(MIRAI)になり、他の車両もプリウスPHVやハイブリッド車両が活躍しています。

次ページネットの限界…電話で問い合わせだっ!!!

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事