S2000、S-MXなど…インパクト大!1代限りのホンダ車4選

独創的なアイデア満載「1300」

ホンダ 1300

ホンダが最初の市販車として世に送り出したのはいわゆるワーキングビークルであったT360でした。その後、S500。ライトバンのL700などを経て、FFの1300で本格的に小型車市場に挑戦します。

1300のシルエットは教科書通りのオーソドックスなものですが、そのメカニズムは個性的で類を見ないものでした。乱暴な表現をすればエンジンを巨大なラジエターと考え、ブロックやシリンダーヘッドのなかに冷却風通路を備えるDDACと呼ばれる空冷方式を採用しています

4連キャブレターモデルでは、1.3リッターエンジンながらも115ps/7,500rpmを発生し、他メーカーの2リッタークラス並の性能を目指して開発されたものでした。また高回転型エンジンはドライサンプの潤滑方式を採用。さらに前後輪独立懸架方式の足まわりを採用していたことも特徴です。

FFミッドシップ採用「ラファーガ」

日産 ラファーガ

もっともホンダの販売チャンネルが多かった時代、インスパイア、ビガーなどアコードの派生モデルが数多く誕生しました。ここで紹介するラファーガもその1台です。

直列5気筒エンジンをフロントミドに縦置きしたFF絵レイアウトは、いかにもホンダらしい走りを考えたもの。5ナンバーサイズに3ナンバー並みの室内空間を持ち、ロングホイルーベースに4輪ダブルウィッシュボーンサスは乗り心地に多いに貢献しました。

6代目アコードは”Type-R”ではなく”Euro-R”として誕生!その違いは !?

純正のローダウン車「S-MX」

日産 S-MX

ミニバンが爆発的に売れるなか、ひと際個性を放っていたのがS-MXです。

家族持ちをターゲットにしたミニバンと違い、ヤングアダルト層をターゲットとしていました。若い層に受け入れられるようドレスアップパーツは豊富。

それまでローダウンや派手目なエアロパーツはアフターメーカーが活躍していましたが、S-MXはメーカーオプションでも同様のカスタマイズが可能になっていました。

室内のシートがフルフラットまで3分かからないのも、デートカーと呼ばれる由縁のようです。

かつて話題となったS-MX、bB…恋人仕様車は今後登場するのか?

S800以来、29年ぶりのFR車「S2000」

ホンダ S2000

S2000は、本田技研工業の創立50周年を記念して1998年に発表。1999年に発売されました。

搭載されるF20Cエンジンは最高出力250ps、許容回転数9,000rpmの高回転型エンジンですが、環境性能にも配慮され、10・15モード燃費は11〜12km/Lと、スポーツカーとしてはかなり良好な数字をマークしました。

また、スポーツカーとしての運動性能を発揮するため、クローズドボディ並みの剛性を確保しました。

ホンダ S2000の中古価格・積載性|都市伝説を残したS2000は復活するのか?
ステアリングが完全固定?! S2000に関する8つの豆知識とは?

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事