スズキ ランディと日産 セレナなど…実はこれも同じ車だった!OEMの車7選

スズキ ランディ

OEMとはOriginal Equipment Manufacturing(Manufacturer)の略で、日本語にすると「相手先ブランド製造」となります。要するに、「他社メーカーで販売される製品を製造すること」をいいます。バッジエンジニアリングや姉妹車、双子車という言い方をする場合もあります。こちらではこれまで販売されてきたOEMの車をご紹介します。

Chapter
スズキ ランディ(日産 セレナ)
トヨタ ピクシスメガ(ダイハツ ウェイク)
日産 モコ(スズキ MRワゴン)
三菱 デリカ D:2(スズキ ソリオ)
マツダ フレア(スズキ ワゴンR)
マツダ タイタン (いすゞ エルフ)
トヨタ 86(スバル BRZ)

スズキ ランディ(日産 セレナ)

日産自動車が製造している車です。

初代(SC25型)ランディの発売は2007年。セレナに比べると装備は簡素化されており、ハイウェイスターなどのカスタムモデルやツインサンルーフなどの設定はありません。

簡素ではありましたが、2代目の後期型は最高価格が308万円を超えており、軽自動車や小型車が中心のスズキにおいては最も高価な車両として販売されていました。

ベース車のセレナがフルモデルチェンジを受けたことで、2016年7月で販売を終了しています。3代目ランディの発売は未定。

トヨタ ピクシスメガ(ダイハツ ウェイク)

ピクシスシリーズは、トヨタの子会社であるダイハツ工業からOEM供給を受けて販売されているトヨタブランドの軽自動車です。

ダイハツハイゼットトラックのOEMとなるトヨタ ピクシストラック/ピクシスバンにはじまり、ムーヴコンテベースのピクシス スペース、ミラ イースベースのピクシス エポックに続く第4弾で、ダイハツウェイクをベースにした全高1,835mmのスーパーハイトールタイプの軽トールワゴンとなります。

車高に関してはピクシスシリーズの軽乗用車で最大。見た目もほとんど変わりませんね。

<次のページに続く>
次ページ
日産 モコ(スズキ MRワゴン)
商品詳細