ステアリングを握る正しい場所は?10時10分は、危険?

正しいシートポジションはどんな位置?

運転

正しいシートポジションは、体(肩と背中)がシートに可能な限り密着した状態です。

シートの位置決めは、まずブレーキを正しく操作できる(最後まで踏み込むことができる)こと。そのうえでペダル操作やステアリング操作が無理なくできるところにシートをスライドさせます。

ステアリング操作は、決めたポジションから身体を大きく動かすことなく、ステアリングの一番上を掴んだときに、肘が軽く曲がる程度が最適です。肘が伸びていると、それより奥に操作することが出来ません。背もたれや座面を動かして、肘に余裕が出るよう調整してください。

万が一の際に正確で素早いステアリング操作やブレーキ操作をするためには、このポジションがベストなのです。

ステアリングはどの位置が安全?教習所で習った「10時10分」じつは危険?

ステアリング

ステアリングを握る位置は、それぞれ好みや習慣があるでしょう。また、パドルシフトを多用する運転なら、おのずと9時15分に固定されます。

教習所では、ほとんどの方が10時10分の位置で握るよう教えられました。しかし、最近の調査では「10時10分は危険!」とされています。

というのも、最近のクルマの多くはエアバッグが装着されており、そのエアバッグが作動した際に10時10分の位置に両手があると、カバーやエアバックそのもので、怪我をしたり、腕が自分の顔面を直撃したりという危険性が指摘されているのです。

ちなみに全米自動車協会(AAA)では、8時20分または9時15分を推奨しているようですが、8時20分の位置は咄嗟の操作は苦手です。市街地や山道の多い日本の一般道では、9時15分が適しているように思います。

女性ドライバーに多い逆手ハンドルも、咄嗟の操作に対応できないことからお勧めできません。

ドアミラーとの目線の位置関係に注意

ドアミラー

正しいシートポジションにすると、これまでラクな姿勢で運転していた方は、少し窮屈に感じるかもしれません。

いままでは、前を見ていればなんとなく視界に入ってきたドアミラーも位置がとても近くなります。場合によってはドアミラーを見るために顔を横に向けなければならないこともあります。

運転中は前方から視線を外すことになるので、サイドミラー確認の際には注意が必要です。

正しいシートポジションで運転の疲労もぐっと少なく

身体をしっかりシートに預けることができるポジションは、シートがドライバーの身体をホールドするという性能を使うことができるようになります。

それまで間違ったポジションによって運転で疲弊していた方は、シートポジションを正しく調整することによって疲労を軽減させることができます。

特に、ワインディングが続く山道など、知らず知らずのうちに使っていた余計な筋肉を使うことがなくなり、ぐっと楽になるはずです。

またシートに体を密着させることによって、常時、路面からの情報を体で感じることができます。

最初は窮屈に感じるかもしれませんが、体をシートに預けることで、運転に集中できるので安全も大幅にアップします。正しい運転姿勢に慣れて、快適な自動車ライフを送りましょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事