一度は行ってみたい!世界的に有名なヒストリックカーイベント8選

①モントレー・クラシックカー・ウィーク

毎年8月第3週にアメリカ・カリフォルニア州モントレーで、街をあげて4つのクラシックカーイベントが開催されます。

そのなかでも注目なのが、マツダ・ラグナセカ・レースウェイで行われる「モントレーモータースポーツ・リユニオン(通称:ラグナセカ)」と、ぺブルビーチの「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」です。

モントレーモータースポーツ・リユニオン

ラグナセカ

2017年度のモントレーモータースポーツ・リユニオンは、8月17日~20日に開催予定。

戦前から1991年までに製造されたレーシングカーやツーリングカーを、製造年代やジャンルによりカテゴリーで分け、ラグナセカ レースウェイを舞台にスピードを競います。

ペブルビーチ・コンクール・デレガンス

ペブルビーチ コンクールデレガンス

ペブルビーチ・コンクール・デレガンスは、ゴルファーには憧れのペブルビーチ ゴルフリンクスで開催されるコンクールイベントです。このイベント期間中、開催されるオークションでは、世界中のコレクターズカーが集まります。

2017年度の注目は、アメリカンクラシックカーの1957年式コンチネンタル マークⅡ。ビンテージカーは欧州車の独壇場だけに、米国車がどこまで切り込めるか必見。また、各自動車メーカーがコンセプトカーをワールドローンチする場としても注目です。

観賞期間は8月16~19日、オークション開催日は8月18日午後6時と8月19日午前11時です。入場料は40ドルで、12歳以下は無料。カタログは1部100ドルです。夏休みにカリフォルニアへ旅行予定なら、ぜひ参加したいですね。

②グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード

毎年6月下旬から7月初旬にかけてイギリス・ウエストサセックス州チチェックスのグッドウッドサーキットで開催されます。往年の名車が中心となり、レーシング愛好家が参加するヒルクライムレースです。2017年は6月29日から7月2日にかけて開催されました。

グッドウッドには毎年テーマがあり、2017年度は往年のモンスターマシン。ターボ時代のF1や排気量無制限時代のグループカーマシン、大パワーのグループBラリーカーなどが参加しました。

入場料は34ポンドから。グッドウッドにはサーキットの他にも競馬場、ホテルなどが点在する一大レジャー地域です。レース期間中、グッドウッドを満喫したいですね。

③コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ

コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ(BMW公式)

イタリア・ミラノの北方に位置する高級リゾート地、コモ湖畔に位置するチェルノッビオで、毎年開催されるクラシックカーのコンクールです。

2017年は5月26日から28日にかけて開催されました。テーマは「80日間世界一周 – 記録の時代への誘い」。本イベントが創設された1929年から現代にいたるまでのモータリゼーションの歴史を、四輪と二輪のヒストリックカーを交えて紹介しました。

このイベントは、BMWがパトロンになっており、毎年、BMWのコンセプトモデルや歴史的名車が持ち込まれることでも有名です。

④ツール・オート・オプティック 2000

ツール オート

2017年で第26回目の開催となるツール・オートが、4月24日から30日にかけて開催されました。ツール・オートは1960~70年代の車両を中心に、最高230台で争われるイベントです。

ツール・ド・フランスという自動車レースのリバイバル版で、フランス国内の公道とサーキットを使用して勝敗を競います。

出発地点はパリ、2017年度のゴールはコート・ダジュールのアズールコーストでした。

2018年度は4月23日から28日にかけて開催されます。出発地点とゴールは2017年度と同じくパリとアズールコースト。約2,500kmの長丁場です。2000ではなく2500に名称変更もあり得るかもしれませんね。

次ページまだまだあります!世界のヒストリックカーイベント

この記事をシェアする

最新記事