TE27型で登場!初代レビンとトレノの違いとは?

最初からTE27型からスポーツモデルだったレビン・トレノ…

トヨタ カローラ 2代目

※写真はカローラクーペ

1972年~1974年に販売されたのが、初代レビン・トレノです。トヨタ スプリンタークーペ、カローラークーペに用意された「SL」および「SR」といったグレードよりもスポーティなテイストを打ち出したモデルとして追加されました。

その心臓部にはセリカ1600GTに搭載されていた2T-G型 1.6L DOHCエンジンを移植。セリカよりも小柄なボディだったレビン・トレノは、まさにホットなスポーツクーペとして登場したというわけです。

このモデルは当時としてもかなり"攻めた”エクステリアになっており、なんとチューニングカーさながらにFRP製のオーバーフェンダーが奢られていました。

また、ボディカラーもダークグリーンとオレンジの2色を展開。なんとも「渋い!」と今の感性だと思ってしまいますね。いずれにせよ、当時の走り屋達にとっては垂涎のモデルであったことは想像に難くありません。

この2T-G型1.6Lエンジンには、有鉛ハイオク仕様とレギュラー仕様が用意されており、ハイオク仕様(2T-G)が115馬力、レギュラー仕様(2T-GR)が110馬力を発揮。軽いボディを振り回すには充分なスペックとなっています。

廉価仕様として、1.6L OHVエンジン(100ps)仕様も1973年に追加されています。

■トヨタ カローラレビン/スプリンタートレノ(TE27型)
ボディサイズ:全長3,965mm×全幅1,595mm×全高1,335mm
エンジン:2T-G型1.6L 直4DOHCエンジン
最高出力:115ps(110ps)/6,400rpm
最大トルク:14.5(14.0)kgm/5,200(4,800)rpm
※()内はレギュラー仕様
トランスミッション:5MT (FR駆動)
車両重量:865kg

軽い車重に高回転型DOHCエンジンですから、現在乗っても本当にワクワクするようなクルマだったのではないでしょうか。実際、当時はWRCにも参戦しており、モータースポーツでも活躍したモデルなのでした。

次ページTE27型 レビンとトレノの違いは?

この記事をシェアする

最新記事