レクサスのニューモデル!レクサスLCってどんな車?スペックや今後の中古相場はどうなる?

LCとは?

レクサス LC 500h 2018

LCは、2017年3月から販売されている、レクサスブランドのフラッグシップクーペです。

グレードはLC500h"L package"、LC500h、LC500h"S package"、LC500"L package"、LC500、LC500"S package"と、豊富なラインアップが特徴です。500hは、ハイブリッドモデルです。

LCは、走りに特化したスポーツクーペというよりは、高級感と性能を高次元で融合させたラグジュアリークーペという位置づけです。

ボディサイズは、全長4,770mm×全幅1,920mm×全高1,345mm。日本国内では、かなり大柄ですが、4.0L V8エンジンをフロントに搭載するフェラーリ カリフォルニアTと比べ、全長こそ200mm長いものの、その他はほぼ同じ数値。

これはメインとなる市場が北米であることも要因ですが、本来の性能を吐き出すために必要なサイズなのかもしれませんね。

乗車定員は4名ですが、クーペというボディ形状のため後席で快適に過ごせる人は限られてくるでしょう。

レクサスから最新モデル誕生!新型レクサスLCとはどんな車?
新型レクサスLC、発売から1ヶ月で約1,800台受注!!その人気の理由とは?

レクサスLC 画像ギャラリー

レクサスLCのスペック

レクサス LC 500h 2018

ここでLCのスペックを見てみましょう。全6グレードですがパワートレインは、ガソリンとハイブリッド各1種類ずつであとは装備の違いになります。

  LC500シリーズ  LC500hシリーズ
駆動方式 FR FR
エンジン 4,968cc 3,456cc
最大出力【kW(PS)/rpm】 351(477)/7,100 220(299)/6,600
最大トルク【Nm(kgm)/rpm】 540(55.1)/4,800 356(36.3)/5,100
モーター最大出力【kW(PS)】  - 300(30.6)
モーター最大トルク【Nm(kgm】  - 132(180)
トランスミッション 10速AT 10速AT

エンジンは、フロントミッドシップに搭載。さらにハイブリッドモデルでは、補機バッテリーをラケッジルーム下に配置することで前後重量配分を最適化しているとのこと。

ガソリンエンジンモデルのJC08モード燃費は、カタログ表記で7.8km/L。ハイブリッドでは、15.8km/Lと倍近い差があります。日本で乗ることを考慮すれば、やはり燃費の良いハイブリッドモデルでしょうか?

レクサスLCの中古価格

レクサス LC

出始めということもありLCの中古車はまだほとんど在庫は見られません。大手中古車情報サイトで数台確認はできましたが、価格は「応談」となっており、まだ中古価格が安定していないものと思われます。(2017年4月時点)

あと1年もすれば台数は増え、中古相場もはっきりしてくると思われます。どうしても中古でないといけないという理由がない限りは新車で好きなオプションを付けて購入したほうが得策と言えるでしょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事