リアウィングの種類と効果の違いとは?

リアウイングの機能とは?リアスポイラーとの違いは?

リアウイング

リアウイングとは、車体後部に装着される翼断面を持つ空気パーツのことです。

ボディからパーツ本体が離れておりウイングの下側にも空気が流れるタイプをリアウイングと呼び、そうでないものをリアスポイラーと呼びます。

リアウイングは、数本のステーで車体固定され、リアスポイラーはトランクリッドなど車体に張り付く形状になっています。

翼断面のウイングは、上面と下面に流れる空気の速さを変えることで、ダンフォースを発生させます。もう少し具体的に説明すると、ウイング上面よりも下面に流れる空気を速めることで、上面より下面の気圧が高くなることで翼が下に押し付けられます。

これにより車体が浮き上がるような高速域でも後輪を確実に接地させ、車体の安定を図ります。

対するリアスポイラーは、車体後部に発生する空気の流れを整え、車体からスムーズに引き離す役目があります。これにより燃費の向上が図られるため、プリウスでは後端がスポイラー形状になっています。

次ページリアウイングにも種類がある?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事