今さら聞けない、ミニクロスオーバーとミニの違い

3ドアより、一回りも二回りも大きいミニクロスオーバー

ミニクロスオーバーの最大の特徴は、ミニのキャラクターデザインを活かしつつSUVに仕立てているところですが、比較してみると大きさもずいぶん違うことがわかります。

先代のミニクロスオーバーでは、ミニとしては初めて全長4メートルを超えるボディが与えられ、一部では大きいと言われていましたが、それでもまだBセグメントに収まるサイズに留まっていました。

ところが、新型ミニクロスオーバーは、さらにひと回り大きくなり、フォルクスワーゲンのゴルフなどと同じ、Cセグメントサイズに成長しました。

新型ミニクロスオーバー 画像ギャラリー

ミニ 画像ギャラリー

プラットフォームの違い

初代ミニクロスオーバーのプラットフォームは、ミニクロスオーバーとその兄弟車となるペースマンのためだけに一から作ったものです。既存のミニのプラットフォームを流用しなかったあたりから、BMWがミニクロスオーバーにかける想いがうかがえますね。

一方の新型ミニクロスオーバーは、先に発売されているBMWのX1やミニクラブマンとプラットフォームを共有しています。それゆえに、サイズはさらに大きくなり、非常にボリュームを感じるデザインとなっています。

このボディ拡大は、あらゆる面でメリットをもたらしており、特に後部座席の居住性と余裕のある荷室容量は、オリジナルの3ドアモデルでは実現できなかったポイントです。

ドアの枚数の違い

MINI クロスオーバー

ミニといえば3ドアが定番ですが、クロスオーバー等の新型モデルでは後部ドアを装備した形で展開しています。ちなみに、後部ドアを初めて採用したモデルは、ミニクロスオーバーです。

後部ドアの装備は、住空間や乗降性の向上に繋がり、ファミリー層等にとっては大きなメリットとなります。

ミニクロスオーバーはドアが増えただけではなく、後部座席も十分に使えるモデルへと進化しています。この快適さは一度味わってしまうと、3ドアの後部座席には戻れないかもしれませんね。

ミニらしいデザインと楽しい走りは健在

ミニクロスオーバーは、車高も高いのですが、エクステリアは一目でそれとわかりますし、インテリアはオリジナルデザインを活かしながら高級さを向上させています。

さらに、ミニとは切り離せない楽しいドライブフィールは、クロスオーバーでも健在です。さすがに地を這うようなカートフィールは影を潜めていますが、素直なハンドリングや元気の良さは、他のクロスオーバーSUVとは一線を画すでしょう。

この記事をシェアする

最新記事