クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

価格差最大5万円以上!?ブレーキ交換時に知っておきたいリプレイスパーツの知識。お得なブレーキパーツ購入術とは?

定期交換が必要なブレーキローターとブレーキパッド

一般的なディスクブレーキ車の場合、ブレーキパーツで頻繁に交換する消耗品と言えば、まずは「ブレーキパッド」それに「ブレーキローター」でしょう。

タイヤホイールとともに高速回転しているブレーキローター(あるいはディスクローターとも言います)を、ブレーキキャリパーに装着されたブレーキパッドで挟み込み、その際に発生する摩擦力でクルマを減速させます。

その性質上、ブレーキパッドがまず消耗しますが、ブレーキローターも摩耗したり熱で反り返るなど、定期的に交換が必要になるパーツです。

そのため、どちらも車検整備や定期点検の際に、使用限界が近いと認められたときには交換を勧められます。その際は、必ず交換してほしいパーツでもあります。

DIXCELはコスト重視からパフォーマンス重視まで、幅広い守備範囲!

DIXCEL案件用

ブレーキパーツの交換が必要になった時、純正品でリプレイス(交換)する人が圧倒的です。

しかし、「純正より低コスト、あるいはコストパフォーマンスの高いリプレイス用ブレーキパーツ」という選択肢があれば、どうでしょうか?

それを可能にしているのが、ブレーキパーツメーカーとして急成長中のDIXCEL(ディクセル)がラインナップするパーツ群です。

DIXCELからのオススメ交換術その1:コスト重視派

もしもアナタの愛車が、スポーツ走行を行わず、純粋なタウンユース、あるいはそういった用途のクルマであれば、低コストなブレーキパーツ交換をオススメします。

DIXCELのパーツを使えば、純正品に比べパーツ代を抑えることができるのです。

国産車ならECタイプ、輸入車ならPremiumタイプのブレーキパッドに、PDタイプのブレーキローターを組み合わせれば、BMW 5シリーズ(F10)なら50,200円、ホンダ フィット(GP4)なら9,900円も安くなります!

ブレーキパッド、ローターともに純正パーツより高性能でありながら低価格を実現。それがコスト重視派の皆さんへの提案です。

DIXCELからのオススメ交換術その2:ブレーキダスト低減

DIXCEL案件用

速度無制限区間もあるアウトバーンでの走行を重視したドイツ車を筆頭に、強力なストッピングパワーを持つブレーキでは、その代償としてブレーキダストが非常に多くなっています。メルセデス・ベンツやBMWでホイールなどが真っ黒になるのをどうにかしたいユーザーも多いのでは?

そこでブレーキダストを劇的に減らせるブレーキパッドが、DIXCELのMタイプです。価格は純正同等ですが、ブレーキダストを減らせるだけではなく、踏力に合わせて効きをコントロール可能にするなど、純正以上の性能を発揮します。

強力なブレーキパッドで摩耗の早いブレーキローターは、PDタイプでリフレッシュ。これで完璧です!

DIXCELからのオススメ交換術その3:スポーツカーには制動力重視

ワインディングにせよハイウェイにせよ、スポーツカーで気持ちよく駆け抜けるならば、その動力性能に見合ったストッピングパワーは不可欠な要素です。

そこでオススメなのが、Zタイプのブレーキパッドです。

オールラウンドで使えることを念頭に開発されたZタイプは、適正温度が0~850℃と幅広くカバーされているため、ブレーキ温度の上がり難い一般道から、スポーツ走行などブレーキが高温になる条件まで、多様なステージで頼りがいのあるストッピングパワーを発揮します。

Zタイプはノーマルローターでも十分な性能を発揮しますが、より高性能を望むのであれば、それに対応したブレーキローターが必要になります。

DIXCELでは、熱処理を施したHD / HS / FP / FSという4つのタイプをラインナップしていますので、用途と使用フィールドに合わせて選んでください。

「摩耗保証」付き。世界でも稀なブレーキパーツメーカー。

通常、ブレーキパーツのような摩耗してしまう消耗品には保証がつきません。

ところがDIXCELのブレーキパーツの一部には、街乗り限定ながら「摩耗保証」があるのです!

対応商品は装着後2万kmまでに摩耗限定値に達した場合、商品交換対応を受けられます。

なぜそのような対応が可能なのか?

それはDIXCELが自社製品に自信を持っていること、それでも万がいちの不具合には、誠意をもって対応するという気構えを「摩耗保証」というカタチで表しているのです。

この取り組みは、日刊自動車新聞が主催する「用品大賞2016」で特別賞を受賞するなど、業界内外からも高い評価を受けています。

純正品より低コスト、あるいは高いコストパフォーマンスを誇る自信だけではなく、誠意ある対応を「摩耗保証」で誓った、DIXCELの高性能ブレーキパーツ。

次の車検時には、純正交換以外の選択肢を検討してみませんか?

この記事をシェアする

最新記事