新小型スポーツ「S-FR」とはどんな車?発売はいつ頃になる?

トヨタ S-FRとは?

S-FR

86の登場で、日本のスポーツカーブームの再燃を見せたトヨタ。続いて投入される予定のスポーツカーS-FRは86よりも小型となります。

そのネーミング通りフロントミッドシップを採用した本格FRスポーツカーになると言われています。一応定員数は4人となっていますが、86の後部座席のスペースを考慮するとS-FRでは荷物程度、もしくは緊急用と割り切った方が良いかもしれません。

絶対的な居住空間は広くはないですが、最低限の実用性を兼ねたクルマとなりそうです。

デザインは?

トヨタ S-FR

フロントマスクは丸目のヘッドライトがつり上がったような愛嬌のあるデザインとなっていますね。コンパクトであることを売りにしているので、コンセプトからは乖離していないデザインではないでしょうか?

ガラスルーフを採用するボディは個性的な印象ですが、クーペらしいスポーティなフォルムが好感を持てます。内装は今流行りのボディ同色パネルやステッチで彩られ統一感がありますね。シートはこのクラスにも関わらず、セミバケットシートを採用しているのも高評価です。

サイズやスペックはどうなる?

トヨタ S-FR

現在分かっている情報では車体サイズは全長3990mm、全幅1695mm、全長1320mm、ホイールベース2480mm、重量は1トンを切ると伝えられています。

パワートレインには1.5L直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力140ps、最大トルクは15.0kgmとなる見込みです。スポーツカーながら控えめなスペックですが、重量が軽いので、動力性能は十分ではないでしょうか?

考えてみれば、マツダのオープンスポーツカー「ロードスター」も1.5L自然吸気エンジンでした。信憑性は高くありませんが、1.6Lエンジンのグレードもラインナップされるという情報も出ています。燃費はJC08モード25.0km/Lを予定しています。スポーツカーとしては抜群の低燃費となっています。

さらに、S-FRのミッションは6速MTを搭載予定。近年減少し続けるMTが新車で購入できるのは喜ばしいことではないですね。以前はMTはATよりもシフトチェンジが速く、加速、燃費も優れると言われていましたが、近年は技術の向上により、そのメリットは逆転してきているのも事実です。

しかし、そういったメリットをすべて取っ払っても、MTで意のままに運転できるというのは何物にも代えがたいドラビングプレジャーです。

価格と発売時期は?

S-FR

スポーツカー=価格が高いという概念を覆した86。S-FRもそれにならって190万円ほどの金額を目標としています。この価格帯ならファーストカーにはなり得なくとも、セカンドカーなら候補に挙がってくる方も多いのでは?

市販モデルの発表は早ければ2017年の東京モーターショー、発売は2018年という販売スケジュールが濃厚です。S-FRは日本のスポーツカーブームをさらに加速させる一台になってくれるのでしょうか?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事