日本で再び増えてきたターボ車…一方、先行していたヨーロッパは?

ヨーロッパ 交通

2002年を境に、ターボ車一斉消滅!?

一時期国産ターボ車がほとんど消えたキッカケが、平成12年排出ガス規制である事は有名です。

スカイラインGT-R(RB26DETT)、スープラ(2JZ-GTE)、シルビア(SR20DET)、RX-7(13B-REW)といった高出力ターボメインの車種が相次いで生産中止になりました。

それでもトヨタの1JZ-GTE(ヴェロッサ、マークIIブリット、クラウンエステートに搭載)や日産のVQ25DET(M35ステージアに搭載)、VQ30DET(Y34セドリック/グロリア、F50シーマに搭載)がかろうじて生き残っていましたが、それも平成17年排出ガス規制をクリアできずに消滅します。

2007年7月にシーマからVQ30DET搭載モデルが廃止された事により、旧世代のターボ車はほとんど消滅してしまったのです。

実は結構残っていたターボ車

スバル直噴ターボ「DIT」

それでもターボ車が全て無くなったわけではありませんでした。

スバルはインプレッサに搭載していたEJ20ターボをはじめ、新世代のFA、FBエンジンでもターボを継続設定。

三菱はランサーエボリューションXやギャランフォルティス用に新世代の4B11ターボを搭載しています。

トヨタは1.5リッターターボをヴィッツRSターボやカローラアクシオGTに搭載しました。

日産はGT-RにVR38DETTを搭載し、スーパースポーツしてスカイラインGT-R時代以上に進化しています。

そして、新規格化とハイトールワゴン車の増加で年々重くなり、NAでは十分な動力性能が期待できなくなった軽自動車のターボも残っています。印象とは異なり、実は「日本車からターボ車が激減していた時期」などは無かったのかもしれません。

次ページ10年遅れの日本、再び先行するヨーロッパ。ターボの明日は?!

この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事