ホンダ党ならアコードハイブリッドのカスタマイズを楽しめ!

アコードハイブリッドならではの、新感覚カスタムのススメ

新型アコードハイブリッド

アコードハイブリッドのカスタム化はまだピンときません。しかし、アコードハイブリッドはホンダの基幹車種で、エコ性能にしても安全装備にしても最新のホンダ技術が詰まっているので、それを自分なりにカスタマイズするのはとても意義あることに気づかされます。

ネットを検索するとエアロパーツは、無限製品を使っているオーナーが多いようです。メーカーオプションでは、Moduroブランドでひと通り揃っています。いずれもオリジナルと関連性のあるデザイン、さりげなさを重視する人にはお勧めです。

走りについてカスタマイズできる領域は、ハイブリッドだけにあまり残されていないのが現実です。ただ、ホンダのハイブリッドはもともとスポーツ性に特化しています。発進加速では、瞬時に最大出力が出せるモーターによる電光石火の加速が楽しめます。

カスタマイズの醍醐味、マフラー交換は音というより見た目の迫力を出したい人におすすめ。ただし、リアのエアロパーツと干渉することもあるので、その際は加工が必要、購入前には、確認したいポイントです。

足回りではローダウンスプリングから車高調、エアサスまで幅広く選択できます。機関系のカスタマイズは余地がないため、そのぶん足回りや電気系、内装に注力される方が多いようですね。

ハイブリッドだけに燃費に期待!アコードハイブリッドの維持費は?

初代アコードハイブリッドは、国内では販売されていないため、現状国内で手に入れいることができるのは2代目のモデルです。

その2代目アコードハイブリッドのに搭載されるパワーユニットは、スポーツ ハイブリッドi-MMDと呼ばれるもので、カタログ燃費(JC08モード)は、30km/L〜31.6km/L。ライバルであるトヨタ カムリの23.4km/Lを大きく引き離しています。

最近デリケートな問題となっている実燃費は、19.5km/L。このクラスのセダンとしては、相当良い数字です。

アコードハイブリッドの中古価格は?

発売から3年目のため、ちょうど中古車市場も活発になってきた頃で相場が乗ってきた頃でしょう。安い物では200万円前後から車両が見つかります。カスタムされた車両についても、ワンオーナー車が多いでしょうから、クルマの素性が掴みやすいです。

後は自分の好みに合致するかで的を絞れるでしょう。それに、ノーマル車を買ってカスタムベースにするのもお得かもしれません。

値引きは新車、中古車とも強気に出てくるでしょう。アコードハイブリッドは指名買いが多いからです。素人を装ってカムリなど相対させられる材料を引き合いに出せば、応じてくれるかもしれません。

6代目アコードは”Type-R”ではなく”Euro-R”として誕生!その違いは !?

この記事をシェアする

最新記事