インプレッサG4こそが走りのグローバルクオリティ|スバル インプレッサG4の燃費・中古価格は!?

スバル インプレッサ G4ってどんな車?

インプレッサG4

インプレッサは、元々セダンとしてラインナップされていたのですが2011年に「インプレッサ G4」という名称となりました。これは、インプレッサが4代目モデルへとモデルチェンジされた時です。

15.6km/L~17.6km/Lとガソリン車としては決して悪くはない燃費を誇るモデルですが、やはり売りは燃費ではなく走り。そもそも、スバルは走りに於いて高い評価を得ているメーカーであり、インプレッサ G4の走りへの評価もまた高くなっています。自動車ファンを中心に売れ行きが順調なことがその証左でしょう。走り以外では静粛性が評価を受けており、走りの技術を軸にドライバーと同乗者に安心する走りを提供しています。

昨今では、マイナーチェンジを切望する声も登場していますが、未だにマイナーチェンジされていません。現行モデルでも、維持費、静粛性共に満足のゆくものですので、現行モデルに不満があるという訳ではなさそうです。

インプレッサ G4のエクステリア、内装は?

無題
無題
無題

4代目 GP/GJ系インプレッサは2011年に発売され、2016年10月で販売を終了しました。エクステリアの特徴はまず、そのボディサイズです。

4代目インプレッサはOEMを除くとスバル車の中では最もコンパクトなセダンとなり、全長×全幅×全高・ホイールベースは4,580mm×1,740mm×1,465mm・2,645mmと、日本の狭い道路にもちょうどよく、セダンとして後席の居住性保ったサイズです。レガシィでは大きすぎる、WRXほど尖ってなくていい、スポーティさと快適性、日常の実用性も併せ持ちたい、という人にはまずおすすめの1台です。

最小回転半径も5.3Mと扱いやすい数値で、交差点でもUターンや車庫入れに持て余すこともないでしょう。 2014年にマイナーチェンジを受け、エクステリアではフロントマスクが一新されました。ややのっぺりしたデザインの初代の顔と比べるとデザインにメリハリが付き、躍動感を感じさせるスポーティな雰囲気が強くなっています。

トランクリップスポイラーや新デザインの16インチアルミホイールを装備したグレードも用意されています。 内装ではメタリックな装飾が随所にアクセントとして使われており、ピアノブラック超のパネルやシルバーステッチなど上質な雰囲気が漂っています。

アイサイトの作動状況がわかるマルチインフォメーションディスプレイのデザインもより視認性が良いものに改良されています。

インプレッサ G4の燃費・維持費について

インプレッサG4の燃費は、JC08モードで4WDが16.2km/l、FFが17~17.6km/l。4WDとFFで燃費が違うのは、4WDのほうが複雑な機構となるため重量がアップします。そのため、4WDのほうが少し悪い数値になっているのです。ちなみに、4代目インプレッサG4の前期型の燃費は4WDが15.8km/l、FFが17.2km/lでしたので、若干ですが燃費は向上しています。

それでは維持費はおよそいくらになるのでしょうか?また維持費ですが、1.6 i-S アイサイト 4WDで試算してみます。

自動車税は総排気量1.5L~2L以下の枠に入るので年額39500円。4代目G4は2011年に発売されているので、重課税の対象にはなる車は当面ありません。

自動車重量税は1.5トン以下、13年未満で2年分24600円
自賠責保険は27840円(25か月分)

1年間に換算すると
自動車税/年:39500円
自賠責保険/年:16350円
重量税/年:12300円
ガソリン代/年 燃費11.34km/l(カタログ数値の7割+年間1万キロ走行)で計算:112875円

自動車保険を以下の条件で見積もりを取ったところ…
年齢条件 30歳以上補償
等級 6等級
対人賠償 無制限
対物賠償 無制限
人身傷害補償 3,000万円
搭乗者傷害 無し
車両保険(一般) 140万円
免責      10万円

保険料は、およそ6万円前後。最安値は以下です。

一時払い保険料 57730(おとなの自動車保険)
自動車税/年:39500円
自賠責保険/年:16350円
重量税/年:12300円

こちらを計算すると、インプレッサG4を年間1万キロ乗ると仮定した場合の維持費

ガソリン代=11万2875円
自動車保険=57730円
自賠責保険=16350円
自動車重量税=12300円(初度登録から13年経過の~1.5トン車 エコカー減税あり)
自動車税=45400円

これを合計すると
24万4655円となります。

エアロやマフラー…インプレッサG4はカスタムが充実!

せっかく乗るのであればインプレッサ G4をカスタムして楽しむというのはいかがでしょうか。

エアロパーツ、マフラー、ホイール、車高調やリヤウイングも似合うのがインプレッサ G4。やはり、堅牢な走りのイメージが強いスバルの車だけあってこのようなカスタムは映えますね。ちなみに、車高調を下げるとより引き締まった印象になりますし、走りを安定させる効果もありますので手を加えておきたい部分です。


インプレッサ G4の中古価格

インプレッサ G4の中古相場ですが、平均価格は約150万円となっており、最安値のもので約80万円、最高値で約222万円となっております。
(2016年6月13日時点の情報のため変動している可能性があります。)

中古相場に関しては、何かの拍子で急に変動するケースもあるのですが、激しい動きもありませんので比較的落ち着いています。

値引きに関してはテクニック次第ではありますが、そもそも中古車市場そのものが値引きに関してそこまで積極的ではありません。値引きを狙う場合は、決算前など上手くタイミングを見計らって交渉を行えば、思わぬ価格を提示してもらえるケースもあるでしょう。

新型が発表されましたが、デザインも性能もまだまだ斬新で大きな魅力のあるインプレッサG4.これから4代目インプレッサG4の中古車が増えそうですね!

歴代スバル インプレッサの変遷と中古価格|先代インプレッサは丸目だった!?
インプレッサスポーツの燃費・中古価格|新型インプレッサスポーツも遂に登場!
スバル XVの中古価格・走行スペック|小型SUVスバル XVは海外で高評価!?
インプレッサから独立したWRX STiとは?WRX STiの中古価格・燃費・ライバル車は?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事