2ローター、3ローター、4ローター、6ローター…あなたは排気音だけでローター数を当てるこはできますか?

繋げて繋げて…多ローター化が容易なロータリーエンジン

ロータリーエンジンは必ずしもマツダの専売特許というわけではなく、ヴァンケルスパイダーやRo80を作ったドイツのNSU社やそれを受け継いだアウディ、M35やGSビロトールを作ったシトロエン、二輪でもスズキ RE-5や一連のノートン車、さらに特許を購入せず無断でロータリー車を作っていた旧ソ連のラーダやGAZなど、ヴァンケル式ロータリーエンジンのメーカーは意外とあります。

しかし、堂々と市販量産車を多数送り出したマツダのロータリーがチューニングベースとして最適なのは事実で、ポート加工やターボチューンなど、多くの改造が施されています。

多ローター化もその一つで、マツダだけでも幻の軽自動車用1ローターをはじめ、10Aから13Bといった実用ロータリーで一番多い2ローター、20Bだけとはいえ市販車として世に出た3ローター、さらにレース用の13J(767用)、R26B(787用)といった4ローターなど多岐に渡ります。

それがチューニングロータリーとなれば6ローターも当たり前のようにあるのです。

レシプロエンジンでも直列4気筒エンジンのブロックを元にV型8気筒、あるいはV型6気筒をベースにW型12気筒エンジンが作られたりもしますが、基本的にはローターを直列に繋げてエキセントリックシャフト(レシプロエンジンのクランクシャフトに相当)を新造するだけのロータリーエンジンはより多ローター化(レシプロで言うところの多気筒化)が容易なため、以下に紹介するようなチューニングカー、というよりチューニングロータリーは多数存在するのです。

それらはレシプロエンジンの多気筒車のように、音で判別できるものでしょうか?

ローター数が多ければいいとは限らない!2ローター13Bサウンド

こちら日本人ならわりとお馴染み、FD3S型RX-7のチューンドカー。

チューニングされた13Bターボのムラの無い、澄んだエキゾーストノートはまさにチューンドエンジン!という感じがしますね。

13Bは長い歴史の中で改良が続けられたとはいえ、さすがマツダが改良に改良を重ね切ったエンジンな事と、チューニングノウハウも豊富な事があり、大抵の動画ではエンジン始動からフルスロットルまで淀みなく「吹き上がる」というより「回しきる」とでも形容した方が良いようなエキゾースト•ノートが響きます。

少なくともストリートをステージに含む限りでは13Bこそがベスト•オブ•ロータリー、ローター数が多ければいいってものではない!という気概を感じます。

次ページ3ローター以上のロータリー•サウンドも圧巻!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事